ワインカテゴリー


チャンユー・カベルネ 特選級【張裕ワイン】

チャンユー・カベルネ 特選級【張裕ワイン】
商品コード: cch0006
商品名

チャンユー・カベルネ 特選級【張裕ワイン】

通常価格(税込): 2,808
販売価格(税込): 2,550
ポイント: 25 Pt

中国にしかない葡萄「蛇龍珠」を使用して造られたワインです。

また、ブランド名「張裕解百納」は70年以上の歴史をもつ、中国ワインの先駆的ブランドとして今も飲み続けられています。商標として登録される前ですが、孫文も飲んだといわれています。(山東省煙台市にある張裕博物館には、孫文から贈られた題字が飾られています。) 

こうした中国ワインの歴史や物語性、そして「蛇龍珠」という中国オリジナルの葡萄とカベルネソーヴィニョンとのブレンドによって生まれた辛口赤ワインです。

「チャンユー・カベルネ 優選級」に比べて、さらに高い基準で選んだ葡萄を使用(葡萄の糖度は1リットル当たり、190グラム以上のものを使用。優選級は180グラム以上)しています。発酵後フレンチオークで9ヶ月以上熟成させ、収穫から出荷まで2.5年以上の時間をかけています。

【蛇龍珠(Cabernet Gernischt)について】
このブドウ品種は、Cabernet Gemischtに由来すると考えられています。Cabernet Gemischtは、ヨーロッパの赤ワイン用の品種で、カベルネ・フランの一種ではないかといわれていますが、既に現存していない品種です。これが1800年代に中国に持ち込まれた際に、GemischtをGernischtと間違えて綴ったものがそのまま定着したのではないかと言われています。また、カベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンの自然交配種に、当時張裕の醸造を任されていたドイツ人が命名したという説もあります。現在、Cabernet Gernischtは中国(主に山東省)でのみ生産されているブドウ品種です

ワインデータ

生産年2005年
タイプ赤ワイン
飲み口辛口
生産国、生産地中国山東省煙台
造り手、生産地域煙台張裕葡萄醸酒股有限公司
品種蛇龍珠(Cabernet Gernischt)、カベルネソーヴィニヨン
容量750ml
※即日又は翌日発送。
在庫状況によってお届けできない場合ご連絡致します

※商品代金の合計9,800円以上で送料無料。まとめ買いがお得です

※生産年は変更になることがあります

個数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
  • 2016/03/10 投稿者:eyeblack おすすめレベル:★★★★★

    フルボディ好きにオススメ

    濃い茶色がかった赤色をしています。

    味は、この濃い色とビンテージが2005年というところから推して知るべし、といったところですね。

    やはり、中華に限らず濃い味付けの料理や甘味のある肉料理と合うと思います。

  • 2013/08/12 投稿者:@グルメくま おすすめレベル:★★★★

    オークの香りがすごい

    ここまで強烈なオークの香りは初めて!
    錆?のような香りもしました。
    フルーティーさは感じませんでしたが、とっても渋いからコテコテ中華と合います。

  • 2013/07/29 投稿者:SA おすすめレベル:★★★★

    予想以上!

    正直はじめはあまり期待していなかったのですが、一口飲ませてもらって予想以上においしく、それからはキーワードに中国が入る集まりのときは利用させてもらっています。

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。お酒は20歳になってから。

「世界のワイン 葡萄屋」では、ハンガリーワインオーストリアワインモルドバワインブルガリアワインルーマニアワインモロッコワインレバノンワインタイワイントルコワイン
南アフリカワインチュニジアワインイスラエルワインキプロスワインウルグアイワインインドワインブラジルワインペルーワインベトナムワイン中国ワインスロバキアワインなど、
世界のワイン・いろいろな国の珍しい希少なワインをお届けいたしております。お客様からご注文いただいた商品は、基本即日発送でお送りできるよう努力致します。
商品代金9,800円以上で送料無料!商品発送は年中無休です。ワインのギフトも承っておりますので、化粧箱入りワイン贈り物・おみやげ向けのワインのご要望もワイン通販の葡萄屋にご用命ください。
世界のワイン、珍しいワイン、ワインのおみやげならワイン専門ショップの葡萄屋にお任せください。
お問い合わせやご意見はinfo@budouya.jpまでお願いいたします。

Copyright(C)2008 Budouya.jp All rights reserved.
このページのTOPへ