ヴァランドロー・ブラン 2014|ワイン通販の世界のワイン葡萄屋

ワイン(その他ドリンク)タイプを選択する

種類選択
甘さ選択

ワイン産地を選択する

ヨーロッパ
中東
アフリカ
アジア
オセアニア
北米
南米

葡萄品種を選択する

赤ワイン品種
白ワイン品種

自然派/オーガニックワインに限定する

人気カリフォルニアワイン特集ページ
お得なケース買い
葡萄屋倶楽部会員登録
世界のワイン葡萄屋・横浜関内店・鶴見店
葡萄屋スタッフ募集
マドンヌ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー2019予約受付中!
  • 残りわずか
  • 再入荷

Valandraud Blanc
ヴァランドロー・ブラン 2014

  • ヴァランドロー・ブラン 2014

サンテミリオン第一特別級"B"に異例のスピード昇格した実力派!毎年極少量だけ生産される希少な白。

タイプ
白ワイン / 辛口
生産地
フランス / ボルドー / サン・テミリオン
造り手
シャトー・ヴァランドロー【Chateau Valandraud】
品種
ソーヴィニヨン・ブラン50%、セミヨン35%、ソーヴィニヨン・グリ15%
生産年
2014年
度数
14.0%
容量
750ml

在庫:残り1個

商品コード: mei0255

希望小売価格(税込): 10,670

販売価格(税込): 9,060

ポイント: 90 Pt

1954年に公布されたボルドー、サン・テミリオンの格付け。その後は10年ごとに見直しが行われています。

2012年度の格付け更新で、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセBに彗星のごとく昇格したことで話題になったのが、シャトー・ヴァランドロー。

白ワインは2003年から造られていますが、毎年極少生産の為、特に良いとされるヴィンテージのワインは入手困難です。

シャトーが設立されたのは1989年。最初は年間100本のワインを造るのがやっとというレベルからスタート。勿論設備の整った醸造所も構えていませんでした。

当初は借りたガレージで醸造していた事が、ヴァランドローのガレージ・ワインと呼ばれた由来でもあります。しかしそれは素人のワイン造りと揶揄された表現でもあり、昇格までには厳しい批判も受けてきました。

シャトーはテュヌヴァンとミリュエル夫妻で経営しています。テュヌヴァンはワイン商として成功を収めていました。一見ビジネスを視野に入れた造り手と想像されますが、実際は細やかな職人気質の人物。

畑はサンテミリオンの谷底に位置。手つかずだったその土地に、休む暇もなく手を入れていきました。畑にいない日はないというほど、ほとんどの農作業を夫婦でこなしていきます。

現在は最新の技術も取り入れながら、畑も設立当初の8倍まで拡大。その中には異なる様々な区画が存在し、違う顔を持ったワインが造られています。

コンサルタントには世界的売れっ子醸造家、ミシェル・ロラン氏を迎えており、この事も異例のスピード昇格要因の一つかもしれません。

その味わいはロバート・パーカーの目にもとまり、瞬く間にワイン愛好家の耳に流れていきました。

「自分たちが心から満足する品質」をコンセプトに掲げ、時代に流されず良いと思った事をやり続ける事に情熱を傾けた成功者です。

【テイスティングコメント】
輝きのある、やや緑がかったイエローの外観。ほんのりオイリーなレモン、ネクター、ライムの果実香に加え、ハーブや青い葉、カモミールのノートも引き出されていきます。

グラスをゆっくりまわすと焼きリンゴやトースト、塩気のあるバターやバニラの甘く芳ばしい芳香が浮遊し、鮮明な印象を植え付けます。

透明感のあるミネラルが持続し、柔らかみのある洗練された酸。例えると冷やしたグレープフルーツゼリーのよう。爽やかなから厚みがあり、最後にわずかに残るほろ苦さに魅了される1本です。

※ワイン・スペクテーター 95 点
※ワイン・アドヴォケイト 94 点



※こちらはご注文頂きました後、輸入元からお取り寄せするお品です。在庫状況によってご用意できない場合がございますがご了承ください。

カスタマーレビュー

この商品のレビューを書く

現在、この商品のレビューはありません。

この商品を買った人はこんな商品もチェックしています

期間限定 お得なセール!

ショコラ・ド・ソーテルヌ予約受付中!
ぶどうジュース・ノンアルコールスパークリングワイン
葡萄屋のワイン会・ワインイベント
  • 11/30 銘醸フランスワインとラビチュード鈴木シェフのビストロフレンチを堪能する会@東京(赤坂) 参加者募集中!

Feature-特集コンテンツ-

葡萄屋の甘口ワイン 販売ページへ
葡萄屋の自然派ワイン 販売ページへ
熟成(飲み頃)ワイン
世界のおみやげワイン販売

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。お酒は20歳になってから。