新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント

Papari Valley 3 Qvevri Terraces Rkatsiteli No.3 パパリ・ヴァレー スリー・クヴェヴリ・テラスズ ルカツィテリ No.3 / オレンジワイン 辛口 ジョージア(グルジア) 750ml

あの格付け番組にも登場したジョージアワインの造り手「パパリ・ヴァレー」から、ルカツィテリで造る風味豊かなオレンジワイン入荷!

タイプ オレンジワイン / 辛口
生産地 ジョージア(グルジア) / カヘチ地方(東部)
造り手 パパリ・ヴァレー【Papari Valley】
品種 ルカツィテリ100%
生産年 2022年
醸造 発酵:果皮ごとクヴェヴリで発酵・マセレーション(天然酵母使用/24度で1ヶ月間) / 熟成:クヴェヴリにて115日間(2層目のクヴェヴリで1ヶ月間、3層目のクヴェヴリで2ヶ月間、瓶詰め前にステンレスタンクで約1ヶ月間)
度数 13.0%
容量 750ml
栽培方法 ビオロジック(Caucascert)
  • ※店舗と在庫を共有しているためご用意ができない場合がございます。生産年の変更、欠品がある場合には別途ご連絡いたします。
  • ※お届けする商品と掲載画像の生産年やデザインは異なることがございます。

クール便※夏季限定でクール便を必ずご選択ください。

発送までにかかる日数:1~4営業日

商品コード: geo0121

希望小売価格(税込):¥4,015

販売価格(税込):¥3,614

ポイント: 33 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細



ワイン愛好家であればつい気になってチェックしてしまう、あの芸能人格付け番組はご存知でしょうか?2024年の3月にオンエアされた番組ではブラインドで2種類のワインを試飲し、どちらが赤ワインかを当てる…という内容でした。簡単なように思えますが、多くの芸能人が大いに迷った挙句、白ワインの方を選択してしまうという散々な結果に…。

この問題で白ワインの方に採用されたのが、クヴェヴリで発酵・熟成させたジョージア産のオレンジワイン『パパリ・ヴァレー スリー・クヴェヴリ・テラスズ チヌリールカツィテリ』でした。放送終了後には大きな反響となり、当該ワインはもちろんのこと、品種違いの全ラインナップがあっと言う間に完売してしまうという大変な事態に!

今回の入荷はパパリ・ヴァレーが手掛ける「ルカツィテリ100%」で造るオレンジワイン!番組に登場したワインは「チヌリ50%とルカツィテリ50%のブレンド」だったため、その違いは品種のみ!

赤と感じるのか、白と感じるのか…じっくりと考えながら味わって頂きたい1本です!

※ワイン名にある「No.3」は“甕(かめ)”の番号です。同じ品種を同様の醸造方法で仕込んでも、発酵・熟成のスピードが甕ごとに異なるため、ワインの状態を確認しながらリリースのタイミングを判断し、ボトルにも甕番号が記載されます。

■テイスティングコメント

やや濁りのある柔らかなアンバーカラー。アプリコットや黄桃のコンポートに、よく熟した和ミカンや枇杷の芳醇なアロマ。白や黄色の花の香りと、ローズヒップやスパイスの複雑なニュアンスが重なります。

口に含むとふっくらとした口当たりで、たっぷりとしたタンニンはソフトで滑らか。マーマレードやオレンジピール、ほのかな蜂蜜の風味が口中を満たし、飲み進めると共に香ばしいナッツや白胡椒、紅茶の茶葉の乾いたフレーバーも感じられます。

柔らかな質感としみじみとした旨味、長く深く広がる余韻は流石の一言!ワイン単体でも十分に楽しめる、完成度の高い1本です。




■パパリ・ヴァレーについて

ジョージアの東部、カヘチ地方のアハシェニ・ヴァレーに2004年に設立されたワイナリー。オーナーであるヌクリ・クルダジ氏は元物理学者で、ワイン造りには彼の経験と知識が大きな影響を与えています。

ワイナリー名の「パパリ」は「馬のたてがみ」を意味し、オーナーであるヌクリ・クルダジ氏の息子、サンドロ君が7歳の時に描いた馬の絵をワインのラベルにデザインしています。

パパリ・ヴァレーの葡萄畑が広がる緩やかな台地はコーカサス山脈が見渡せる程の広大さで、世界で最も美しいワイン産地の一つとして知られています。2haからスタートした畑は現在9.3haまで拡大し、全ての畑でビオロジック栽培を導入(Caucascertの認証済み)天然酵母を使用した発酵僅かなSO2の添加無濾過での瓶詰めなど、人的介入を最小限に抑えたワイン造りを行う、自然派ワインの造り手です。

2006年にスタートしたワイン造りでしたが、初ヴィンテージのリリースはなんと2015年。彼らのひたむきな努力と試行錯誤の繰り返しが今日のパパリのワインを生み出し、デキャンター誌をはじめとする世界のワイン関係者が高く評価する、注目の造り手へと成長を遂げたのです。

■他とは一線を画すクリーンなワイン

濁ったワインも数多く見られるジョージアですが、パパリ・ヴァレーが造るワインは洗練されたクリアな外観とクリーンな味わいが特徴のナチュラルワイン。パパリ・ヴァレーではこのスタイルを生み出すため、世界遺産にも登録されている「クヴェヴリ(素焼きの壺)」を用いたジョージア伝統の醸造方法と現代の技術を融合させ、パパリ・ヴァレー独自のワイン造りが行われています。

■革新的なパパリ独自の醸造方法

2016年に完成したジョージア初の三層構造のマラニ(醸造設備)とクヴェヴリを使用!
このマラニで造られるワインが『スリー・クヴェヴリ・テラスズ』シリーズとなります。



マラニの構造
1段目【1階上段に設置】クヴェヴリは砂に埋められ周囲に温度管理を行う冷却パイプを設置(発酵に使用)
2段目【1階下段に設置】クヴェヴリは砂に埋められ周囲に温度管理を行う冷却パイプを設置(熟成に使用)
3段目【地下に設置】クヴェヴリは地中に埋められ、地中の安定した環境のもと温度管理(熟成に使用)



1段目のクヴェヴリで天然酵母による発酵を行い、発酵後はポンプを使用せず上段から下段へと重力を利用してワインを移動させます。これによりワインへのストレスが軽減され、やさしく丁寧に熟成させることが可能となり、微生物レベルでの汚染防止効果も得られます。

※ジョージアでは温度を管理をするクヴェヴリ発酵はまだ主流ではありませんが、パパリ・ヴァレーではこの手法を選択することで正確にワインを発酵させ、クリーンな味わいのワインを生み出しています

■クヴェヴリとは?

発酵や熟成に使用されるクヴェヴリは、ジョージアの土を原料に、クヴェヴリ職人が全て手作業で作り上げる素焼きの壺です。現在残る窯元はわずか10社を数えるのみ。その製作には大変な時間と労力を要し、熟練の技術と経験が必要となります。

1. 高さ10cm程の帯状の粘土を積み上げるように重ねては乾燥させ、数週間かけて大きな壺を製作。
2. 完成した壺が高温で割れないように1週間ほど乾燥させる。
3. 900度~1200度の高温で数日から1週間かけて焼き上げ、その後ゆっくりと冷却。
4. ワインの流失防止のために内部に蜜蝋をコーティング(蜜蝋を好まない造り手は素焼きのまま購入)。
5. 強度を高めるため外側に石灰やセメントを塗る。



クヴェヴリのサイズは小ぶりなもの(数百リットルサイズ)から人が入れる程の大きなもの(数トンサイズ)まで様々。現在ではヨーロッパや日本へも輸出されています。

伝統的なクヴェヴリで長期間スキンコンタクトを施したワインは、近代的な製法で造られたワインよりも多くの抗酸化物質、フェノール類、タンニンを含有しているという結果が出ました。このことからクヴェヴリ製法のジョージアワインは自然に安定しており、タンニンが豊富なおかげで多くの添加物を必要としません。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。もっと見る

最近チェックした商品

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

営業日カレンダー

2024/7
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024/8
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2024/9
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
セール特価前価格: 税込
ボーナスポイント:

レビューはありません。