Prinz Riesling Q.b.A. Trockenプリンツ リースリング Q.b.A.トロッケン

透明感のある綺麗な飲み口!ボリューミーな果実味楽しめ、フレッシュ感に溢れるドイツの辛口リースリング。

タイプ 白ワイン / 辛口
生産地 ドイツ / ラインガウ
造り手 プリンツ【Prinz】
品種 リースリング100%
生産年 2020年
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: ger0013

希望小売価格(税込):¥2,640

販売価格(税込):¥2,371

ポイント: 22 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

大変ボリュームのある辛口です。香りは甘い果実、ミネラルといきいきとしたフレッシュ感があります。近年欧米で人気上昇中のトロッケン(=辛口)に仕上げた白ワイン。

とっても透明感があるキレイな飲み口で、この価格で楽しめる辛口ドイツワインとしては素晴らしい出来です。オーガニックワインでもあります。

※「ゴーミヨドイツワインガイド2010」で84点(2008年ヴィンテージ)
※「ワインズ&スピリッツ2009.12」で89点(2008年ヴィンテージ)

【プリンツについて】
フレッド・プリンツ氏は1991年からワイン造りに携わり、1995年から2004年まで、ラインガウの至宝として有名なシュタインベルガーを所有する州立醸造所クロスター・エバーバッハのケラーマイスターとして腕を奮っていました。

80年代後半から90年代前半までのシュタインベルガーは、その名声とは裏腹に、品質的には非常に難しい状態にあり、かつての栄光が地に落ちる寸前といったひどい状況にありました。

しかし、1995年からプリンツ氏が醸造に携わり、さらに2001年からケラーマイスターを務めるようになってから多くの改革を実施しました。中でも最も重要なことはズースレゼルブ(醸造後のワインに保存しておいた果汁を添加すること)を止めたことです。甘さだけを求めるのではなく、シュタインベルガーが持つ特別な土壌の個性、ミネラル感を最大限に引き出す努力を行ったのです。

その結果、シュタインベルガーは再び輝かしい伝統に相応しいワインに生まれ変わり、オークションでも「花形ワイン」の座を取り戻すことができたのです。ユングファー畑はシュタインベルガー畑から南西750mに位置しています。当時(約800年前)修道女が運営していたことからユングファー(処女)と名付けられました。

現在50haに拡張されたこの畑もオリジナル部分はわずか3haの中心部分、プリンツ家が所有しているのはまさにこの部分です。

土壌の管理は堆肥と草生栽培をつかったオーガニック、2005年にはVDP(ドイツ優良ワイン生産者協会)メンバーに選ばれ、いまやその評価はクロスター・エバーバッハのワインに肩を並べる人気となっています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。