Cascina I Carpini Colli Tortonesi Timorassoカシーナ・イ・カルピーニ コッリ・トルトネージ・ティモラッソ

ピエモンテの希少種ティモラッソのオレンジワイン!熟した黄桃を丸かじりしたようなとろみのある味わい。

タイプ オレンジワイン / 辛口
生産地 イタリア / ピエモンテ州
造り手 カシーナ・イ・カルピーニ【Cascina I Carpini】
品種 ティモラッソ100%
生産年 2019年
醸造 発酵:ステンレスタンク(野生酵母使用)で10~15日間の醸し発酵
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

クール便※夏季限定でクール便を必ずご選択ください。

商品コード: ita0367

希望小売価格(税込):¥2,475

販売価格(税込):¥2,228

ポイント: 20 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

希少種・ティモラッソ種を使用したフルボディのオレンジワイン。

ピエモンテの白葡萄を使用したワインといえば一般的にはガヴィ、アルネイス、シャルドネなどが挙げられます。

このワインの葡萄品種ティモラッソは、日本ではあまり馴染みのない品種ですが、良い意味でとても主張の強い葡萄です。

蜜のような、また少しオイリー感も感じる濃密な香りは、ヴェルメンティーノやリースリングを連想させます。

味わいは、熟した黄桃を丸かじりしたようなとろみがあり、アフターに白い花のような香が鼻を通り抜け、力強さと複雑さが余韻の最後まで残ります。

白ブドウですが、ピエモンテ州の黒ブドウ・ネッビオーロと比較されるキャラクターももっているこのワインは、赤ワインのように皮と共に発酵させる、醸し(マセラシオン)を10〜15日間しており、その結果ワインの味わいにより複雑味が与えられています。

【希少品種ティモラッソを造り続ける理由】
このワインはピエモンテの昔からの伝統的な白品種であるティモラッソから造られています。地元のピエモンテでもあまり売れない為、つくっている生産者はごくわずかです。

コルテーゼ種でガヴィを造ったほうがお金になるため皆ティモラッソを引き抜き、コルテーゼを植えたそうです。

【カシーナ・イ・カルピーニについて】
このワイナリーは1998年にパオロ・ギスランディ氏が大手の企業を辞めて自然のままの手つかずを丘を自ら開拓して始めたワイナリーです。

ナチュラルワイン造りにのめりこんだ彼は、畑の生態系を維持も考えながら、畑には硫黄と銅以外は撒きません。

畑の地下には温泉水が流れており、そのため水はけがとてもよく葡萄の病気がとても少ないことが特徴です。また温泉水が葡萄に豊富なミネラル感を与えていることも特徴です。

ピエモンテ州トルトーナ原産の地ブドウ、ティモラッソとバルベーラの畑を計10ヘクタール所有しています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。