Chateau de Lamarqueシャトー・ド・ラマルク

モカやカカオなど長期樽熟成に由来する、深みのある甘いブーケ。現代醸造を取り入れたモダンな熟成ワイン。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 フランス / ボルドー / オー・メドック
造り手 シャトー・ド・ラマルク【Chateau de Lamarque】
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン46%、メルロー25%、カベルネ・フラン24%、プティ・ヴェルド5%
生産年 2008年
醸造 熟成:フレンチオーク樽で18〜20ヶ月間
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: bor0132

希望小売価格(税込):¥3,575

販売価格(税込):¥3,218

ポイント: 29 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

在庫:残り1個

数量

カートに追加しました。
カートへ進む

商品詳細

深みのある濃いルビーの色合い。カシスやブラックベリーの果実香に、リコリスやシナモンの甘くスパイシーなニュアンスも織り交ざり、樽由来のモカやチョコレート、カカオの香りが複雑に漂います。

バランス良く溶け込んだ綺麗な酸があり、タンニンはしなやか。濃い果実味と共に、美しいトライアングルのバランスを保ちながら見事に熟成を遂げた味わいです。

ビーフシチュー、ヒレステーキ、仔羊のローストなどと一緒にお楽しみ下さい。

【シャトー・ド・ラマルクについて】
およそ千年の歴史をもち、メドック地域でも最も古い要塞の一つラマール城をシャトーとして構えています。

ラマルクのブドウ畑は15世紀以来存在していたという記録が残っており、当初は自らのシャトーのためだけにブドウが生産されましたが、1839年頃から面積も拡大され農業経営に十分な大きさに成長しました。

1960年代には通称「ルネッサンス」と呼ばれ記録が残る新植樹や修復工事といった大改革が行われ、時代に合った新しい施設を開発することができました。

この歴史的な「ルネサンス」に続き、畑では自然を尊重。ブドウ品種とその根茎の品質を土壌に適応させること、そしてゆっくりとした長い成熟期間を有する製造プロセスを組み立てていきました。

ブドウ園の実践を改善するための取り組みとして、非常に厳しい作物の間伐の枠組みを導入しています。区画ごとの細かい管理から醸造まで、細かくコンピューターで制御されています。

場所はマルゴーの北、サンジュリアンの南側に位置。現在は最高のオー・メドックワインを可能にすることを決意し、この目標を達成するために最大限の努力が続いています。

彼らのワインは非常にエキサイティングと表現され、地元でも高い評価を得る造り手です。

この商品を買った人はこんな商品もチェックしています

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。