Mongeard Mugneret Fixinモンジャール・ミュニュレ フィサン

野生的な力強さながら、熟成後は驚く程まろやかで繊細な質感。時間をかけて開花していくフィサン村のピノ!

タイプ 赤ワイン / 辛口 - ミディアムフルボディ
生産地 フランス / ブルゴーニュ / フィサン
造り手 モンジャール・ミュニュレ【Mongeard Mugneret】
品種 ピノ・ノワール100%
生産年 2017年
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: fow0645

希望小売価格(税込):¥7,700

販売価格(税込):¥6,545

ポイント: 60 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

在庫:残り1個

数量

商品詳細

コート・ド・ニュイの最北に位置するフィサンは全体的に石灰岩と泥灰土の土壌が広がり、この地から生まれるワインは、じっくりと時間をかけて開花していく長期熟成型を特徴とします。

カシスやダークチェリーなど黒系果実の深いアロマが広がり、麝香や胡椒、毛皮や皮革、土など、野生的なニュアンスが漂います。

若いうちはしっかりとしたストラクチャーと硬いタンニンがあり、繊細さを上回る力強さが表れていますが、熟成後は驚く程まろやかになり、デリケートなテクスチャーへと変化を遂げます。

持続する豊かな酸には存在感があり、オイリーでふくらみのある熟成感をお楽しみ頂けます。

【モンジャール・ミュニュレについて】
モンジャール家は17世紀初頭からブルゴーニュでブドウ園を営む一族であり、18世紀末からヴォーヌ・ロマネを拠点にワイン造りを始めました。

先代のジャン・モンジャールはワイン造りの傍らヴォーヌ・ロマネで村長を務めた人物で、現在はその息子ヴァンサン・モンジャールが8代目当主を引き継いでいます。

ブドウ栽培面積は33haあり、マルサネからサヴィニー・レ・ボーヌまで35ヶ所に点在。

エシェゾーやグラン・エシェゾー、リシュブールやクロ・ド・ヴージョなど平均樹齢50年のブルゴーニュ花形特級畑を抱えており、その面積はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティに次ぐ広さとなっています。

特級畑の中でもエシェゾーの一区画「ルージュ・デュ・バ」では、樹齢90年の古樹が育っており、エシェゾー・ヴィエイユ・ヴィーニュという素晴らしいワインとして世に送り出されています。

ヴァンサンが当主となってからは、畑はリュット・レゾネ(減農薬農法)を取り入れており、2003年から一部をビオロジック(有機)農法に移行し始めています。

また父ジャンの時代よりも驚くほど新樽の使用比率が低くなっており、かつては樽香が顕著に感じられる風味の強いスタイルでしたが、近年は果実味を重視した繊細なタイプへと変化を遂げ定着しています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。