Sadoya Sakuraサドヤ 櫻

グラスから溢れるザクロやチェリーの香り。山梨県産のカベルネ主体で「桜」をイメージして造られた辛口ロゼ!

タイプ ロゼワイン / 辛口
生産地 日本 / 山梨県
造り手 サドヤ【Sadoya】
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン主体
生産年 2018年
容量 720ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: ipn0027

販売価格(税込):¥2,200

ポイント: 20 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

山梨県産のカベルネ・ソーヴィニヨンを使用し、「桜」をイメージして造られた辛口のロゼワイン。

淡い桜の花びらを連想する、薄いピンクの色合い。ザクロやチェリー、イチゴやバラなど、繊細で華やかなアロマがグラスから溢れ、みずみずしいフルーツの果実味でいっぱいに満たされます。

フレッシュで甘酸っぱいラズベリーのような風味を奏でた、非常に素直でチャーミングな味わい。余韻には甘く熟したザクロの香りが残り、風情ある「和」の雰囲気が感じられます。

【サドヤについて】
山梨県の甲州市に江戸時代から続く油屋の「佐渡屋」は、酒やビールの販売を行う洋酒店を経て、1917年(大正6年)に今井精三氏により、ワイン醸造販売の『サドヤ』として設立されました。

創業当時は日本にワイン文化が定着する遥か前の時代であり、フランスから苗木を入手し、欧州からの手紙などでワイン造りのヒントを得ていました。

その後1936年にワイナリー初の葡萄栽培に成功。10年後の1946年には、サドヤを象徴し現在も知名度の高い日本ワインのブランド『シャトーブリヤン』が誕生します。

ワインを販売し始めた頃は、主に海外からの客人が集まるレストランなどが取引先でしたが、「いつか日本で食事と共にワインを楽しむ時代がくる」という想いを胸に、今日までワインを造り続けてきた日本ワインの先駆け的生産者です。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。