0
¥0

現在カート内に商品はございません。

David & Nadia Aristargos デイビット&ナディア アリスタルゴス

タイプ
白ワイン  辛口 
生産地
南アフリカ スワートランド 
造り手
デイビット&ナディア【David & Nadia】
品種
シュナン・ブラン58%、ヴィオニエ14%、クラレットブランシュ13%、セミヨン7%、ルーサンヌ5%、マルサンヌ3%
生産年
2017年
醸造
熟成:フレンチオーク樽
度数
13.0%
容量
750ml
商品コード: sou0215
希望小売価格(税込):¥5,500
販売価格(税込) ¥4,950
 詳細説明
 詳細説明
 詳細説明
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
スワートランドのバールダバーグの南側斜面に広がる、12の畑のブドウを使用。樹齢約50年の古樹から収穫されたシュナン・ブランやセミヨンを主体にブレンドしています。

爽やかなライム、熟した果実を想わせる梨、桃、ハーブ、ハチミツなどの複雑で豊かなアロマ。

フレッシュな酸と程よく厚みのあるボディを感じますが、決して重くはなく、全体的にバランスの良い味わいに仕上がっています。

さらに、余韻は長く非常にエレガント。ブドウ本来のピュアな果実味を味わえ、素直に美味しい!と言いたくなる上質自然派ワインです。

【デイビット&ナディアについて】
オーナー醸造家のデイビッド氏が栽培家の奥さんと2010年に設立したワイナリー。南アフリカのスワートランド地区に位置しています。

デイビッド氏はステレンボッシュ大学でワイン醸造学を修めた後、南アフリカを代表するウォーターフォードやラステンバーグで修業を積み重ねてきた経歴の持ち主。

様々な経験を積んだ結果、「ナチュラルなバランスとフレッシュな酸」を重視したワイン造りにたどり着きました。

葡萄はシラーやカリニャン、グルナッシュといった、同地区で可能性を発揮しやすい南仏系品種に特に力を入れており、その他に南アフリカを代表するピノ・タージュやシュナン・ブランなども栽培しています。

醸造では不干渉主義を貫き、天然由来の酵母で発酵。SO2を少量のみ使用し、極力自然体に近い味わいに仕上げています。

「ワインの出来栄えは土と畑で決まり、正確にスタイルに表現される」という考えを持ち、自然の循環サイクルが備わった土壌作りにこだわり、心ゆくまで畑仕事を行う生産者です。
CHECK PRODUCTS 最近チェックした商品

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):