0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Shinshu Takayama Winery Anto Takayamamura Chardonnay Unoak 信州たかやまワイナリー アント 高山村シャルドネ アンオーク

タイプ
白ワイン  辛口 
生産地
日本 長野県 
造り手
信州たかやまワイナリー【Shinshu Takayama Winery】
品種
シャルドネ100%
生産年
2018年
醸造
発酵:ステンレスタンク / 熟成:ステンレスタンクで7ヶ月
容量
750ml
商品コード: ipn0050
希望小売価格(税込):¥2,904
販売価格(税込) ¥2,431
カートに追加しました。
カートへ進む
「世界に羽ばたくワインを目指して」というワイナリーの思いと、美しい村100選に選ばれた長野県高山村のテロワールが詰め込まれたワイン。12本のみ限定入荷!

ワイン名の「アント」とは、地元の方言で「ありがとう」の意味。ワイン造りにおいて、すべての取り巻く環境に感謝を込めて「アント」という名前が付けられました。ラベルには栽培農家さんの手形があしらわれています。

高山村の中の5地区(福井原、黒部、桝形、紫、明神下)の、6名の栽培農家さんが育てた葡萄から造られたワインをアッサンブラージュ。

青りんごの様な果実感が口中に溢れ、口当たりは爽やかでクリアな印象。伸びやかで溌剌とした酸が長い余韻を生み出し、飲み手に満足感を与えます。

食欲をそそり、食事の邪魔をしない、まさに「食事に寄り添う」1本です。

【信州たかやまワイナリーについて】
2016年、長野県北部・高山村(美しい村100選に選出)に設立。高山村には1996年に初めて、シャルドネが植えられました。

高山村の中で、「いつか自分たちが栽培した葡萄で自分たちのワインを造りたい」という強い想いを持った栽培農家さん達が集い、栽培・醸造・販売を一貫して行い、遂に人材育成の場をも兼ね備えたワイナリーが設立されました。

代表取締役の涌井一秋氏は、高山村に生まれ、高山村のもう一つの名産であるリンゴ栽培に若くから携わります。その後2006年からワイン用葡萄の栽培を開始。

葡萄栽培やワイン造りの研究に取り組む高山村の「ワインぶどう研究会」の2代目会長も務めていました。高山村のテロワールや気候に精通しており醸造家や周りの農家からの信頼も厚い生産者です。

醸造家の鷹野永一氏は、山梨とボルドーでの醸造経験を経て2015年に高山村に。「香り、味わいの調和がとれたワイン。杯を重ね、いつも間にかボトルが空いているワインを造りたい」と語る、情熱を持った人物です。

新しいワイナリーですが、地域と農家と醸造家が一体となり、質の高いワインを次々と生み出しています。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):