0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Chateau de Gaure Limoux Blanc シャトー・ド・ゴール リムー ブラン

タイプ
白ワイン  辛口 
生産地
フランス ラングドック・ルーション 
造り手
シャトー・ド・ゴール 【Chateau de Gaure】
品種
シャルドネ80%、シュナン・ブラン15%、モーザック5%
生産年
2017年
醸造
発酵:空気式圧搾で圧搾後、オーク樽で / オーク樽で7ヶ月間熟成
容量
750ml
商品コード: fow0616
希望小売価格(税込):¥2,970
販売価格(税込) ¥2,673
 詳細説明
 詳細説明
 詳細説明
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
世界で最も権威のあるフランス有機認定機関「エコセール」認定ワイン。合成化学肥料、農薬や除草剤などを一切使用せず、シャルドネ、シュナンブラン、モーザックをアッサンブラージュ(ブレンド)し木樽で丁寧に発酵しています。

外観はゴールドがかった明るいイエロー。青りんごやパイン、スターフルーツなど南国系果実のアロマ、木樽由来のバタートースト香が加わり厚みのある芳醇な香りが魅力的です。

口に含むとアタックは控えめですが、後から追いかける果実の甘味とコクがボリュームのある印象を演出。シュナンブランのブレンドにより爽やかな果実味が絶妙なバランスで表現され、余韻残る心地よい苦みが残りワインに締りのある印象を与えます。

高さ300mの高標高で栽培されたシャルドネが生み出す「濃い」だけではない繊細でエレガントさを感じる味わい。ラングドック地方自然派ワインの可能性を多いに感じる1本です。

【シャトー・ド・ゴールについて】
ベルギーでエンジニアとして働いていた南仏出身のピエール・ファーブル氏が、2004年、南仏リム―に設立したワイナリー。

5代続いた葡萄農家出身の氏はリタイア後、故郷南仏に200haもある葡萄畑付きの大きな敷地を購入し終の棲家としました。醸造家の道を選ばなかった氏はこの家の購入をきっかけに「自分の畑で自然でかつ最高品質のワインを造ろう!」と決心します。

ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、アルザスやオーストリア等々でワイン造りを経験したマーク・ベルトラン氏をスタッフに迎え、化学肥料を全く使わない畑にするため荒れ放題だった葡萄畑の大改造を行いました。苦労を重ねやっとの思いで2006年からワインの本格的醸造を開始。

その後はフランスのワイン雑誌「ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス」で「2006年ヴィンテージ新発見の優秀ワイナリー」として紹介されます。以降名実共に南仏での知名度が上がり、今では世界各国から受注が来るようになりました。

彩り鮮やかなワインラベルは、絵を描くのが大好きなファーブル氏が描いたもの。ワイナリーの入り口には氏の大作が飾られており、そこでは宿泊もできる13世紀の古いお城もあるそうです。
CHECK PRODUCTS 最近チェックした商品

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):