Chabiant Red Semi-Sweetシャビアン レッド・セミ スイート

上品でほのかな蜂蜜の甘み、ベリーの甘酸っぱさについついグラスが進む!アゼルバイジャン土着品種から造るセミスィート赤。

タイプ 赤ワイン / 中甘口(セミスイート)
生産地 アゼルバイジャン / イスマユル
造り手 シャビアン・ワイナリー【Chabiant Winery】
品種 サペラヴィ、マドラサ
生産年 2018年
醸造 熟成:ステンレスタンク
容量 750ml
栽培方法 サステーナブル農法
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: aze0013

販売価格(税込):¥1,848

ポイント: 17 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

カートに追加しました。
カートへ進む

商品詳細

アゼルバイジャンを代表する品種サペラヴィとマドラサから造られた、上品な甘さが魅力のセミスィート赤。ベリーの甘酸っぱいアロマと蜂蜜のようなとろりとした甘さがじんわり染み入り、グラスが進む1本です。

畑はオーガニック発酵肥料のみを使用。葡萄は丁寧に手摘し、フレッシュさを残すため、近代的ワイン造りに適したステンレスタンクで熟成しています。

淡いガーネットの色調に、クランベリーやラズベリーのチャーミングなアロマ。口に含むと爽やかな甘味が口にひろがり、余韻にはベタつかない心地よい果実味が残ります。

赤ワインの渋みが苦手、というかたにもぜひお試しいただきたい優しい味わい。食前酒、または熟成が進んだチーズやデザートと合わせていただくと、ほっとした癒しのひと時を過ごせそうです。

【シャビアン・ワイナリーについて】
ジョージアに並びワイン発祥の地と言われる、アゼルバイジャンを代表するワイナリー。黒海からカスピ海まで東西に走る、標高750メートル大コーカサス山脈の南斜面イスマユル地域にあり、昼間の強い太陽光と寒い夜の寒暖差によって熟した良質の葡萄を生みだす地域でも知られています。

栽培は環境に配慮したサステーナブル農法を取り入れ、葡萄はすべて手摘みをし、世界に通用する最高品質を誇っています。

また地元とイタリアのワイン専門家チームが協力し「ワイン一杯一杯の中に土壌を反映させる」という哲学を基に、アゼルバイジャンのワイン品質をより高めていく取り組みを行っています。

素晴らしいテロワールと、中世やソビエト時代に何度か中断されながら生き残った古くからのワイン造りの歴史を持つアゼルバイジャンは、再生されつつあるワイン産業を有し、高品質のワインの開発において大きな進歩を遂げています。

この商品を買った人はこんな商品もチェックしています

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

おすすめ度:4

伝統

投稿者:あかね2020/10/22

甘口で飲みやすいのにしっかりした味わい。深いワインの伝統があるのかな。
セミスイートと書いてあったので、食事に合うのか心配だったが、割りとスッキリしていて何にでも合う感じでした。
我が家の薄めの味付けのすき焼きにもぴったり。

地理でカフカス地方と言うのは習った、この辺りの事だろうか。
今は内戦で大変な地域だと思うけれども、それだけ昔からみんなが欲しくなる良い土地だったのかなと想像力を膨らませながらいただきました。
みんなが幸せに美味しく食事できる世の中になりますように!