Vincent Giraldin Chassagne-Montrachet 1er Cru Clos Du Cailleヴァンサン・ジラルダン シャサーニュ・モンラッシェ・ブラン プルミエ・クリュ クロ・デュ・カイユレ

ルフレーヴ、ヴォギュエと同評価4つ星を獲得する生産者の、今後入手できない限定品。白のスペシャリストと極上畑が生み出す気高い1本。

タイプ 白ワイン / 辛口
生産地 フランス / ブルゴーニュ / シャサーニュ・モンラッシェ
造り手 ヴァンサン・ジラルダン【Vincent Giraldin】
品種 シャルドネ100%
生産年 2013年
醸造 発酵:フレンチオーク樽 / 熟成:フレンチオーク樽18ヶ月間
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

クール便※夏季限定でクール便を必ずご選択ください。

商品コード: fow0765

希望小売価格(税込):¥16,500

販売価格(税込):¥14,025

ポイント: 128 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

ブルゴーニュ・白ワイン銘醸地シャサーニュ・モンラッシェの1級畑「カイユレ」のさらに小区分畑≪クロ・デュ・カイユレ≫から生み出すワイン!この畑は現在ヴァンサン・ジラルダンと、シャサーニュの名手ドメーヌ・ラモネしか所有していない極貴重なもの。そして、今後生産予定がないと言われている幻となる逸品です。

ヴァンサン・ジラルダンはブルゴーニュの銘醸地に特級、一級畑を広範囲で所有していますが、≪クロ・デュ・カイユレ≫はグランクリュに匹敵し、「私たちはピンポイントで良い畑を購入し増やしているが、その中でも最高の畑」と惚れ込んでいます。

溢れんばかりの黄色く熟れた果実の香り、白い花のアロマが漂い、純度の高いミネラル、火打石のほのかな香ばしいニュアンスが織り重なります。

弾けるような生き生きとした柑橘系果実味に、香り同様のしっかりとしたミネラル感、ほのかな樽の風味が重なり、絶妙なまろやかさを演出。洗練され力強く、キレのある舌触り。余韻は複雑で深みを残していきます。

権威ある評論誌「ワイン・アドヴォケイト」の2020年2月の記事で、「ヴァンサン・ジラルダンはブルゴーニュにおいて高品質な白ワインの提供者として非常に貴重」と称賛しています。

【ヴァンサン・ジラルダンについて】
「ギド・デ・ヴァン・ベタンヌ+ドゥソーヴ2019(フランスで非常に著名な評価紙の1つ)」で4ッ星生産者に昇格。同誌2020年版でも4ッ星評価を獲得。同評価の生産者はドメーヌ・デュジャックやルフレーヴ、コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ、ロベール・グロフィエ等、そうそうたる顔ぶれです。

ヒュー・ジョンソン「ポケット・ワイン・ブック2019」では、『ムルソーに本拠とする白のスペシャリスト』と高評価獲得。

現在の醸造責任者はエリック・ジェルマン氏。彼はムルソー出身で、DRCやルフレーヴ、エティエンヌ・ソゼという名立たるドメーヌでコンサルタントとして活躍するキリアコス・キニゴプロス氏のもとで腕を磨き、その実力が買われ、ヴァンサン・ジラルダンに醸造責任者として入社することになりました。

ワイン生産のモットーは、「畑にはなるべく手を加え、醸造は出来るだけ自然に」。

農薬を使用せず、畑を深く掘り下げます。葡萄はすべて年間通して厳格に正しく畑での仕事を重視して、選定、選別を行います。

畑での作業の特色は、

1.農薬を使用しないので葉が健康
2.葡萄に負担をかけず、土の中の微生物を活性化して、土を柔軟に
3.1本の葡萄の樹に8房以上つけさせてない

などです。また、10〜15年前から、肥料に有機のコンポスト(牛など動物の糞、葡萄の皮、剪定した木の枝)を使用しています。‘07年からビオディナミに転換しました。

ただ、ブルゴーニュの天候の問題で、完全なビオディナミでは不便な点もあるため、’11年より公にはビオディナミからインテグレーテッド ヴィティカルチャー(Integrated Viticulture)へ移行。

年間通してビオディナミの精神に基づき、畑で多くの作業をしていますが、必要に迫られたら最小限の処置として極少量の農薬を使うこともあります。

生産者の詳しい情報はこちら

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。