Chateau Le Pin 2007シャトー・ル・パン 2007

「ボルドーのロマネコンティ」と称される、崇高で最高峰のメルローワイン。凝縮した果実味にシルクのような舌触り、気品を纏う1本。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 フランス / ボルドー / ポムロール
造り手 シャトー・ル・パン【Chateau Le Pin 】
品種 メルロー100%
生産年 2007年 他ヴィンテージあり
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: mei0333

希望小売価格(税込):¥581,240

販売価格(税込):¥464,992

ポイント: 4227 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

ボルドー・ポムロール地区で造られる、世界最高峰ワインの一つ。著名ワイン評論家、ロバート・パーカー氏はこのワインに度々100点満点を与えており、多くのワイン評論家から「ボルドーのロマネコンティ」と評され、絶賛されています。

1979年、ベルギー出身の酒商ジャック・ティエンポン氏が、僅か2ha畑を購入したことから偉大なシャトーの歴史が始まりました。シャトー名は、ワイナリーの近くで孤独に成長していた「ル・パン」=1本の松から名付けられました。

当初、畑とワイナリーは貧弱な状態。資金節約のため、ティエンポン家が他に持っていたワイナリー「ヴュー・シャトー・セルタン」で使用した中古の樽で発酵、熟成を行います。この偶然により自然なマロラティック発酵(木樽や醸造設備の中から乳酸菌が混入し起こる発酵)が行われ、後にボルドーで最も高級なワインを造り出すきっかけとなります。

また、世界的に活躍する天才醸造家と名高いミッシェル・ロラン氏が、コンサルタントとして携わったことでも有名です。葡萄の収穫量を抑え、焦げ具合を工夫した新樽を使うなどの、新しい試みを行うよう助言。ティエンポン家はこれらを受け入れます。

偶然の醸造法と鬼才醸造家のアイデアより生まれたワインは、1982年ヴィンテージはロバート・パーカポイント100点を獲得し、世界中のボルドー・ファンに衝撃を与えます。名声を得るまでの驚異的な早さは「ポムロールの奇跡」と語り継がれ、今や全てのワインラヴァーにとって垂涎の品となっています。

【テイスティングコメント】
2007年のボルドーは、春から夏にかけての激しい寒暖差と多い降水量の為、天候が安定せず、葡萄の生育が妨げられた年でした。しかし、9月になり一転して好天候に恵まれ、葡萄の熟成は確実に進行。収穫時期を例年より遅らせたことにより、葡萄のエキスがしっかり抽出され、アロマティックでフルーティーな味わいが特徴となっています。

完熟したブルーベリーやカシスのアロマ、杉やメントール、樽熟成由来のコーヒーやバニラ、キャラメルの香ばしい香りが折り重なるように、複雑にグラスから漂います。

凝縮した果実味にシルクのように滑らかなタンニンと上質な酸、牡丹のような、なんとも言えない程の高貴な余韻が長く残り、その妖艶さに引き込まれます。

世界最高のメルローワインとして君臨するに相応しい、風格あるストラクチャー…飲むものの心を魅了して止みません。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。