Maison Jean Philippe Marchan Bourgogne Pinot Noir Half 375mlメゾン・ジャン・フィリップ・マルシャン ブルゴーニュ ピノ・ノワール ハーフ 375ml

葡萄と土壌を何よりも優先し、秀作ながらも嬉しい価格で提供する造り手。口当たり軽やか、余韻に勢いよく果実味溢れる!

タイプ 赤ワイン / 辛口 - ミディアムボディ
生産地 フランス / ブルゴーニュ
造り手 メゾン・ジャン・フィリップ・マルシャン【Maison Jean-Philippe Marchand】
品種 ピノ・ノワール100%
生産年 2019年
醸造 発酵:ステンレスタンク / 熟成:フレンチオーク樽で9ヶ月間
容量 375ml
栽培方法 リュット・レゾネ
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: fow0797

希望小売価格(税込):¥1,760

販売価格(税込):¥1,584

ポイント: 14 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

品質と価格、そのどちらも「ちょうど良いワイン造り」を追及し、ベスト・バリューなブルゴーニュワインを生み出す醸造家、ジャン・フィリップ・マルシャン。葡萄と土壌を何よりも優先し、秀作ながらも優しい価格のワインを世に送り出しています。

リュット・レゾネ(減農薬農法)を施した高品質な葡萄を、全て手摘みで収穫。畑ごとに小容量タンクで醸造した、丁寧な造り。芳醇な果実味と適度な酸、程よいコクが備わった、素晴らしい仕上がりです。

紫がかった明るい色調のルビーの外観。いちごやラズベリーの赤系果実のアロマ、バラの花びらを水面に浮かべたような華やかな香り、きのこのニュアンスが折り重なるようにグラスから広がります。

口に含むと熟れた木いちごを想わせる芳醇か果実味が口いっぱいに広がり、舌の上を流れる心地良いタンニンと酸味が爽やかさとエレガントさを演出。樽香をほのかに感じるナッティーな余韻が長く続き、軽やかな味わいながらも強さを兼ね備えた、飲みごたえのある味わいです。

程よく冷やして、生ハムやパテに鴨のローストと合わせていただくと見事なマリアージュを奏でます。また、赤身魚の刺身や出汁、醤油を使った和食料理との相性も抜群。ちょっと乾杯したい時に…日常の食卓をより華やかに演出してくれます。

【メゾン・ジャン・フィリップ・マルシャンについて】
1813年、ブルゴーニュのオート・コート・ド・ニュイの小規模ワイン生産者、ピエール・マルシャン氏が、モレ・サン・ドニに畑を所有していたマリ-・ジャコティエと結婚し、設立したワイナリー。現当主、ジャン・フィリップ・マルシャン氏で7代目となる由緒正しきワイナリーです。1983年、フィリップ氏は、ジュヴレ・シャンベルタンでジャムの工場として使用されていた建物を購入。18世紀に建てられたという歴史あるこの建物は、ワインの貯蔵に抜群な環境を備えたものでした。

現在は、シャンボル・ミュジニー、モレ・サン・ドニ、ジュヴレ・シャンベルタンにも畑を所有しており、ワインの醸造から瓶詰、他の生産者の瓶詰、ビールの製造や販売なども手がけています。また、ブルゴーニュ自然派ワインの第一人者、フィリップ・パカレ氏とも親しくしており、パカレ氏のワインはボージョレ ヌーヴォ以外は全て、醸造から瓶詰め、ラベル貼り、梱包までマルシャンのワイナリーで行われています。

葡萄栽培は全てリュット・レゾネ(減農薬農法)を施しています。また「ブドウ本来の味わい」 と 「土壌の特徴」 を大切にするため、畑ごとに小容量のタンクを用い、醸造を行っています。

マルシャン氏が口にする「我々は大規模な生産者でもなければ、高級な生産者でもない。目指すのは、“身の丈に合ったワイン造り”。お客様にとって “価格的にも品質的にもちょうど良い”ワインを供給する生産者であること。」この言葉は、彼の目指す生産者像を如実に物語っています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。