Adega Entre Os Rios Sarasアデガ・エントレ・オス・リオス サラス

こだわりの熟成アルバリーニョがお手頃価格で楽しめる白ワイン!ミネラルと酸、果実味のバランスが絶妙!シーフードとご一緒にどうぞ!

タイプ 白ワイン / 辛口
生産地 スペイン / 大西洋地方(ガリシア州)
造り手 アデガ・エントレ・オス・リオス【Adega Entre Os Rios】
品種 アルバリーニョ100%
生産年 2018年
醸造 発酵:自生酵母、30hlのステンレスタンクで1.5ヶ月(マロラクティック発酵あり)/ 熟成:30hlのステンレスタンクで24ヶ月熟成。無濾過・無清澄
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: spa0246

希望小売価格(税込):¥2,530

販売価格(税込):¥2,277

ポイント: 21 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

在庫:残り1個

数量

商品詳細

ガリシア州の地元に自生する『アルバリーニョ』にこだわる生産者の素朴な味わいの白ワイン!

アデガ・エントレ・オス・リオスは巡礼地『サンティアゴ・デ・コンポステーラ』を目指す巡礼道の途中にある小さな町に位置しています。この町はD.O.リアスバイシャスには属さないため、スペインのワイン法では、Vino de la Tierra(=フランスで言うところのヴァン・ド・ペイ)に分類されます。

D.O.リアスバイシャスでは高価格になる『アルバリーニョ』を手頃な価格で楽しめるこのワイン。実は生産者のこだわり満載なのです。このワイナリーでは、昔からこの地に伝わるクローンが使われており、樹齢は25年~100年、醸造方法は昔ながらの醸造方法で1年以上ゆっくりと時間をかけて熟成させています。

やや緑がかった淡いレモンイエロー。若いアルバリーニョとは違って、カリンや黄色いリンゴなど熟れた果実の香りが漂います。グラスを回すと、スッとした酸を感じるライムやスダチなどの緑色の柑橘の香りが、ふっと姿を現します。

十分なミネラル感と塩味、シャープな酸と爽やかな柑橘系の果実感はアルバリーニョそのもの!そこに、熟成させたことによるふっくらとした果実感が伴い、満足感が高い味わいに仕上がっています。

シーフードとの相性は言うまでもなく抜群!長期熟成タイプと言われるアルバリーニョの本来の姿を、このワインでお確かめください。

【アデガ・エントレ・オス・リオスについて】
ガリシア州の最西南部に位置するバルバンサ半島のシエラ・ドゥ・バルバンサ山脈の南麓の海岸全沿いに位置するにア・ポブラ・ド・カラミニャルという小さな町にあるワイナリー。ワイナリー名の Entre Os Rios(エントレ・オス・リオス)はガリシア語で“2本の川の間”の意味。オーナーの父がこの地を訪れた際に、あまりの美しさに一目惚れして、気が付くと購入してしまったという逸話も残るほど。

海沿いに位置する山のふもとの畑は、日本の生産地同様、湿気が非常に高い独特の気候で、カビが非常に発生しやすい地域。そのため、畑も日本同様、棚作りで栽培されています。畑は敢えて耕さず、雑草も伸び放題!(いわゆる、カバークロップ)こうすることにより、カビや病害虫がブドウの木に集中することを防いでいます。

一部抗カビ剤が散布されるため、オーガニック認定はされていませんが、化学肥料、除草剤は不使用。抗カビ剤の使用料も年々減少しています。

D.O.リアスバイシャスに属さないため、自社でワインをボトリングできない近隣の生産者はなくなく、葡萄生産を減少させていただこの地域。この地の伝統を守り、生産者に安定した収入を保証する為、葡萄を正当な値段で購入する活動を行っています。この動きは他のワイン生産者にも広がり、この地区の伝統を守りブドウ農家を守ることへつながっています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。