Chateau Coupe Roses Cuvee la Bastideシャトー・クープ・ローズ キュヴェ・ラ・バスティード

ワインラベルの薔薇のイメージそのままに。華やかなアロマと、完熟ブラックベリーの力強い果実味が放つ、エレガントさが魅力的。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 フランス / ラングドック・ルーション / ミネルヴォワ
造り手 シャトー・クープ・ローズ【Chateau Coupe Roses】
品種 グルナッシュ50% 、カリニャン50%
生産年 2019年
醸造 発酵:ステンレスタンク / 熟成:ステンレスタンクで12ヶ月間
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: fow0833

希望小売価格(税込):¥2,079

セール特価(税込):¥1,665

ポイント: 15 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

ワインラベルの薔薇のイメージそのままに、染み入るエレガントさに魅了されるフルボディ・有機赤。高貴な花のアロマと、穏やかな渋みが心地よく響き、女性的な雰囲気を醸し出しています。ミネラルを多く含んだ土壌の個性が美しい酸となって現れており、ワインの魅力をより引き出しています。

紫がかった濃いラズベリーレッドの色合い。ブラックベリーやブラックチェリーの果実香に、バラやスミレなどフローラルなニュアンス、タイムやローズマリーのハーブ香が折り重なるようにグラスから溢れ出します。

口に含むと、よく熟した果実味に纏うミネラリーな風味が印象的。引き締まった酸と柔らかいタンニンは綺麗に調和され、上品な口当たりです。余韻には濃厚な果実の旨味が舌に長く残ります。

香草を使ったお肉料理やフィレステーキ、牛肉のトマト煮込みとの相性が抜群。また濃厚なブルーチーズ、ロックフォールなどと合わせていただくと、甘やかな果実味がより引き立ち、グラスが進みます。

【シャトー・クープ・ローズについて】
南フランス、ミネルヴォワの標高250~450mにあるラ・コネット村に設立。400年以上の長い歴史を誇る由緒正しいワイナリーです。現在は当主フランソワーズ・フリッサン氏の息子、マティアス氏と娘のサラ女史が中心となり、家族でワイン造りを行っています。

「ワインは畑で造られる」という考えの元、90年代半ばから葡萄栽培はオーガニック農法を開始。肥料には、羊糞とチーズで有名なロックフォール村の草を発酵させて作っています。また、畑にはあえて雑草を残し、地中に空気を送り込むと共にバクテリアの働きを活性化させています。バクテリアはミネラル分たっぷりの土壌を作る役割を担い、葡萄に多くの栄養分を与えています。

これらの自然に沿った丁寧な畑造りが、酸の綺麗なワインを生み出し、繊細引き締まった味わいとなって現れています。ミネルヴォワの土壌に家族の愛情がプラスされた、魅力あるワインを造っています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。