Chateau Carbonnieuxシャトー・カルボニュー

稀なる長期熟成能力を持つ、グラーブ地区格付け特選シャトーの赤。飲み頃を迎えるまでシャトーのセラーでじっくり熟成。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 フランス / ボルドー / ペサック・レオニャン
造り手 シャトー・カルボニュー【Chateau Carbonnieux】
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、マルベック
生産年 2017年
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: bor0217

希望小売価格(税込):¥7,700

販売価格(税込):¥6,545

ポイント: 60 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

ブラックベリーやプラムの熟れた果実の風味、ヴァニラやモカ、タバコのスモーキーなアロマが漂い、重厚で力強さが感じられます。

ワインが喉を通り抜ける時に、ほのかにカカオのコクのある香りも鼻をくすぐり、飲み手を素晴らしい時間へと誘ってくれます。

緻密で繊細なタンニンが綺麗にワインに溶け込んでおり、まろやかかつ凝縮感感じる味わい。まさにエレガントなクラシックスタイルのボルドーワインとして相応しい出来栄えです。

2002年のボルドーはほぼ全般に素晴らしく、数々の傑出したボ卜ルを生んでいます。このワインも熟成を経て持ち前の魅力が花開き、今まさに飲み頃を迎えています。

【シャトー・カルボニューについて】
格付け:グラーヴ・クリュ・クラッセ(特選級)

シャトー・カルボニューはボルドー・グラーヴ地区のペサック・レオニャンに位置。1953年に制定されたグラーヴ独自の格付け法により、クリュ・クラッセ(特選級)に認定されています。

この格付けは階層がなく、同じグラーヴ内にある70近い生産者の中から16銘柄のみがクリュ・クラッセに選ばれており、カルボニューは赤・白の両方が対象となっています。

グラーヴ地区では最大級の大きさを誇るこのシャトーは13世紀から始まり、マルク・ペラン氏が1956年に所有して以来、ペラン一族による経営が続いています。

シャトーは19世紀後半に一度、フィロキセラの膨大な被害に遭い低迷期を迎えています。その後はフランス経済の復興とともに、1980年頃からは安定したワイン生産力を誇るようになりました。

現在は最新の醸造施設が設営されていますが、あくまでも流行りの醸造スタイルには流されず、クラッシック・グラーヴのスタイルを貫ぬく姿勢から、長年の愛好家も決して離れようとはしません。

歴史を辿ると、シャトー設立当初から爽やかな白ワインに定評がありましたが、近年は赤ワインにも尽力を注いでいます。現在の生産量は赤白半分程度。

赤はしっかりとした骨格があり、肉付きのよいボディ、白は最上級の酸と豊かな果実の香りが印象的な、繊細なワインです。ともにペサック・レオニャンの真価を発揮する、素晴らしい品質です。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。