Chateau Rauzan Segla 2002シャトー・ローザン・セグラ 2002

マルゴー地区で熱狂的人気を誇る、格付け2級シャトー!長期熟成型が生まれた良年2002年産。まろやかさと凝縮感の調和が見事。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 フランス / ボルドー / マルゴー
造り手 シャトー・ローザン・セグラ【Chateau Rauzan-Segla】
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン58%、メルロー35%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン2%
生産年 2002年
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: bor0228

希望小売価格(税込):¥21,450

販売価格(税込):¥17,160

ポイント: 156 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

メドック格付第2級、マルゴー地区の中では1級のシャトー・マルゴー、3級のパルメに続く実力を誇る格式高いシャトーです。

1661年シャトー・マルゴー、シャトー・ラトゥールでマネージャーを務めていたペール・デ・メシュール・ド・ローザン氏が設立。その後は最も人気の高いボルドーワインの一つとなり、数多くの著名人にも愛される程になりました。特に第3代アメリカ大統領トーマス・ジェファーソンは、1787年にボルドーを訪問した際、シャトー・ローザン・セグラの熱狂的なファンとなり、数ケース買い求めた、という逸話が残されています。

1855年の公式格付けで2級の地位を得たものの、1960年代に入りワイン専門家の「果実感を欠いている」という低評価が相次ぎ、一時的に低迷していました。

しかし1983年ボルドー大学のエミール・ペイノー教授をコンサルタントとして迎え、改革を行うと品質は一変し徐々に評価は復活。さらに1994年には世界的ファッションブランド「シャネル」が買収し、巨額の資金を投じて更に大改革を行いました。現在は「格付け1級に近い実力」という評価を受けています。

【テイスティングコメント】
2002年のボルドーは5月~8月まで雨が多く湿度の高い不安定な気候でした。そのため葡萄の熟度は遅れていたものの、幸いにも9月の中旬から風が吹き、乾燥した好天が続いたことで、カビの心配は無くなり良質な葡萄が育ちました。ゆっくりと熟すまで待つことができ、理想的な葡萄の収穫を行っています。 タンニンがしっかりとした長期熟成型のワインが多く生産されたヴィンテージとなっています。

マルゴーらしく貴婦人を想わせるような優美さとまろやかな口当たり。黒胡椒を想わせるスパイス感と濃厚な黒果実味が重なり、芯の強さと気品さを演出します。熟成後の妖艶な味わいはぜひ一度お試しいただきたい、価値あるワインです。

≪受賞歴≫
※ワイン・アドヴォケイト誌 90点

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。