Higueruelaイゲルエラ

漫画『神の雫』に2005年ヴィンテージが登場!千円台では異例のパーカー90点を獲得した超話題ワイン。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - ミディアムボディ
生産地 スペイン / 内陸部地方(カスティーリャ=ラ・マンチャ州)
造り手 コオペラティーバ【Cooperativa】
品種 ガルナッチャ・ティントレラ100%
生産年 2020年
醸造 熟成:ステンレスタンク
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: spa0033

希望小売価格(税込):¥1,265

販売価格(税込):¥1,139

ポイント: 10 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

フランス・アルマンサの地葡萄ガルナッチャ・ティントレラ種100%使用!果実のエキスが色濃く抽出された味わいが、飲み手の心をくすぐる赤ワインです。

レーズンやドライイチジクなど少しドライフルーツを感じさせるような香りに、野イチゴの甘酸っぱい風味。

ダークモカのような甘みがあり、コクのある味わいが特徴です。まろかな酸とタンニン、果実味のバランスに優れたコストパフォーマンスの高い1本です。

※ワイン・インターナショナル・コンペティション・バッカス 2019 金賞(2018年ヴィンテージ)

※【20%OFF】イゲルエラ 12本セットをお買い求めになりたい方はこちら

【コオペラティーバ・アグラリア・サンタ・キテリアについて】
強い風を活かした風力発電でも有名な、スペイン南東部アルマンサの小さな村イゲルエラで、2001年にイゲルエラとアルベラの二つの生産者が統合してできた協同組合です。

どちらの生産者も、地品種“ガルナッチャ・ティントレラ”を使用した赤ワイン造りを行ってきており、統合後はガルナッチャ・ティントレラ種をより洗練させることに情熱を注いでいます。

フランス原産で、スペインのアルマンサD.O.で広く栽培されてきたガルナッチャ・ティントレラ(アリカンテ・ブーシェ)は、“果肉まで赤い”という非常にめずらしい品種です。

スペインでは長く、ワインに色合い深みを与える目的で他の品種とブレンドされてきましたが、そのポテンシャルに注目したサンタ・キテリア社は、主役となることがなかったこの品種100%でのワイン造りに初めて挑戦しました。

美しい色合いときれいな果実味を伴った彼らのワインは大成功し、今ではこの地域の地ブドウとも言えるまでになりました。

国内外の市場の新しいトレンドをつかみながら、畑から醸造、熟成まで全工程の質の向上を目指し、最新設備への投資も欠かさず、地元品種と品質への想いが非常に熱い生産者です。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。