Chateau Musar Whiteシャトー・ミュザール・ホワイト

レバノン土着品種の上品な香りが特徴的。シェリーのようなニュアンスはフォワグラや鴨のローストにぴったり。

タイプ 白ワイン / 辛口
生産地 レバノン / ベッカー高原
造り手 シャトー・ミュザール【Chateau Musar】
品種 オバイデ60%、メルワー40%
生産年 2009年
醸造 発酵:フレンチオーク樽 / 熟成:フレンチオーク樽で9ヶ月間&瓶内熟成6年間。
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: leb0018

希望小売価格(税込):¥6,600

販売価格(税込):¥5,940

ポイント: 54 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

カートに追加しました。
カートへ進む

商品詳細

オレンジの花、ハチミツ、グアバ、バナナ、パッション・フルーツなど、上品なトロピカル系の香りが特徴的。

豊富な酸と適度な果実味がバランスよく調和。洋梨やハチミツの甘みのある風味が絡み合い、フルーティな長い余韻を生み出しています。

辛口のソーテルヌや熟成したグラーヴの白ワインを想起させる出来映え。デキャンタージュして、15℃程度でお召し上がりください。

【シャトー・ミュザールについて】
オーナー、ガストン・ホシャール氏が1930年にレバノンのベッカー高原に設立したワイナリー。

畑は海抜約1kmという高地にあり、石灰質や砂利質を持ったワイン造りに適した土壌です。夜間の気温は低く、夏季と冬季の寒暖差が大きいため、葡萄の生育期間が長いことが特徴。

赤ワイン醸造用にカベルネ・ソーヴィニヨン、サンソー、カリニャン。白ワイン醸造用にシャルドネ、セミヨン、そして先祖代々から伝えられる古来種オバイデとメルワーを栽培しています。

醸造では可能な限り、人間による介入を抑え、自然のままのワイン造りを心掛けています。

2代目のセルジュ・ホシャール氏はm英国の代表的なワイン雑誌Decanter誌が1984年から始めたマン・オブ・ザ・イヤーを世界で最初に受賞しました。

関連カテゴリ

産地で選ぶ
中東各国のワインレバノンワイン
タイプで選ぶ
白ワイン辛口
産地で選ぶ
中東各国のワイン
価格で選ぶ
5,000円〜9,999円
タイプで選ぶ
白ワイン
こだわりで選ぶ
有機・オーガニックワイン
産地で選ぶ
中東各国のワインレバノンワイン白ワイン

この商品を買った人はこんな商品もチェックしています

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。