0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Sadoya Horloge Red サドヤ オルロージュ 赤

タイプ
赤ワイン  辛口  ミディアムボディ 
生産地
日本 山梨県 
造り手
サドヤ【Sadoya】
品種
マスカットベリーA、カベルネ・ソーヴィニヨン
生産年
2017年
度数
12.0%
容量
720ml
商品コード: ipn0024
販売価格(税込) ¥1,980
 詳細説明
 詳細説明
 詳細説明
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
サドヤが、日本を代表する葡萄品種マスカット・ベリーAを主体に、カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドして造り上げた軽やかな赤ワイン。

イチゴジャムやレッドベリー、バブルガム、綿菓子などの甘くチャーミングな香りがグラスから溢れます。時間の経過と共に、スイートポテトやベリータルトの香ばしい雰囲気も漂い始めます。

味わいは、マスカット・ベリーAならではの非常に軽快なアタックの中に、カベルネ・ソーヴィニヨンが醸す芯の強さが感じられます。

タンニンは滑らかで、軽やかな飲み口ながらも引き締まった果実味が持続。冷やしても美味しくいただける1本です。

フランス語で「時計」を意味する『オルロージュ』。二種の葡萄による新たな時の刻みをイメージして名付けられました。

【サドヤについて】
山梨県の甲州市に江戸時代から続く油屋の「佐渡屋」は、酒やビールの販売を行う洋酒店を経て、1917年(大正6年)に今井精三氏により、ワイン醸造販売の『サドヤ』として設立されました。

創業当時は日本にワイン文化が定着する遥か前の時代であり、フランスから苗木を入手し、欧州からの手紙などでワイン造りのヒントを得ていました。

その後1936年にワイナリー初の葡萄栽培に成功。10年後の1946年には、サドヤを象徴し現在も知名度の高い日本ワインのブランド『シャトーブリヤン』が誕生します。

ワインを販売し始めた頃は、主に海外からの客人が集まるレストランなどが取引先でしたが、「いつか日本で食事と共にワインを楽しむ時代がくる」という想いを胸に、今日までワインを造り続けてきた日本ワインの先駆け的生産者です。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):