Domaine Oyamada Ca va? Blancドメーヌ・オヤマダ サ・ヴァ?

無施肥、合成農薬不使用、不耕起、草生栽培など…自然派オヤマダが造る「北のエレガンス」を表現した白!

タイプ 白ワイン / 辛口
生産地 日本 / 長野県 / 塩尻市
造り手 ドメーヌ・オヤマダ【Domaine Oyamada】
品種 ソーヴィニヨン・ブラン、プティ・マンサン、シャルドネ、アルバリーニョ、シュナン・ブラン、ロモランタン、その他
生産年 2018年
醸造 発酵:自然酵母を用い古樽で / 熟成:古樽で8ヶ月
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

クール便※夏季限定でクール便を必ずご選択ください。

商品コード: ipn0052

販売価格(税込):¥2,750

ポイント: 25 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

無施肥、合成農薬不使用、不耕起、草生栽培など、極ナチュラルにこだわったワインを造り続けるドメーヌ・オヤマダが手掛ける個性豊かな複数の白葡萄ブレンド!1本のみの限定入荷です。

2018年10月に施行された原産地表示基準により、ラベルに地名を明記する場合は当地を含む隣接した市町村内で醸造することが義務付けられました。

このワインに使用される葡萄の栽培地は長野県塩尻市洗馬地区ですが、山梨県で醸造されるため、ワイン名として洗馬の使用ができす、代わりに「Ça va?」と命名。畑の場所や醸造コンセプトは変わらず、ワインの個性は従来の「洗馬」のままです。

スモモ、白桃など瑞々しく上品なアロマと、ほのかに磯を想わせるトコロテン、白い花の香りが漂います。

ワインはフレッシュ感に溢れ、まるでライチの白い果実の優しい甘み、パパイヤのトロピカルフルーツのエキスが勢いよく押し寄せるよう。

ジューシーな果実感とヴィヴィッドで強かな酸とのバランスが絶妙!標高約700mに位置する洗馬地区の白葡萄を使用し、「北のエレガンス」を表現したワインです。

【ドメーヌ・オヤマダについて】
山梨県笛吹市にある大手ワインメーカーのルミエールに16年間勤務し、栽培と醸造の責任者を務めた小山田幸紀氏が、山梨県甲州市の勝沼町に2014年設立したワイナリー。

県内に3haの畑を所有しており、甲州種を中心に無農薬栽培で葡萄を育ています。気候は甲府盆地ならではの厳しい夏の暑さがありますが、昼夜の寒暖差が非常に大きく、葡萄の栽培には適した環境。

また長野県の塩尻にも畑を所有しており、栽培から醸造までの全ての工程をほぼ一人でこなしています。

自然発酵によるナチュラルなテイストを生み出し、豊かで滋味深い味わいが人気を呼んでいる注目の造り手です!リリース後は、毎年早い段階で完売が続いています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。