Domaine Oyamada Hinataドメーヌ・オヤマダ 日向

オヤマダ氏渾身の「南の太陽」を喚起させるワイン!ベリー香に黒糖、黒豆の奥ゆかしい風味が絡む、ブドウの深みを楽しむ1本。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 日本 / 山梨県
造り手 ドメーヌ・オヤマダ【Domaine Oyamada】
品種 シラー、ムールヴェードル、その他
生産年 2018年
醸造 発酵:自然酵母を用いステンレスタンクで / 熟成:オーク樽で12ヶ月間、その後、瓶内で12ヶ月間
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

クール便※夏季限定でクール便を必ずご選択ください。

商品コード: ipn0089

販売価格(税込):¥2,310

ポイント: 21 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

山梨市江曽原日向にある、ブドウにとって最高な環境条件となる南向きの斜面の畑のものを使用。冬でも暑さを感じるほど日当たりが良く、葡萄は健康的に育ち、旨味を伴った果汁を溢れんばかりに蓄えます。

この畑から仕込まれたワインのコンセプトは「南の太陽」を喚起させるワイン。まさに、「良いワインは良い畑から」という言葉がおのずと出てくるような、ジューシーで豊潤、瑞々しい果実味をお楽しみいただける1本です。

プルーン、ブラックベリーのフルーツ香が立ち昇り、日本ならではの黒糖、黒豆の奥ゆかしい香り、コーヒーの生豆、クレヨン、甘草の香りが心地よさを与えます。

口当たりなめらかで、香りよりは穏やかなベリーの果実味と細やかなタンニン。熟成度を感じつつメントールの清々しさと黒コショウのスパイシーさを持ち合わせています。飲み心地はスムーズで余韻に甘さとカカオの苦みが残り、大人の味わいが印象的。

2018年より以前は、古樽熟成1年間を経てリリースでしたが、今回はさらに1年間、瓶内熟成させています。フレッシュ感のあるワインから、まろやかでエレガントな要素が加わり、常にチャレンジし続ける小山田氏のこだわりを強く感じられます。

【ドメーヌ・オヤマダについて】
山梨県笛吹市にある大手ワインメーカーのルミエールに16年間勤務し、栽培と醸造の責任者を務めた小山田幸紀氏が、山梨県甲州市の勝沼町に2014年設立したワイナリー。

県内に3haの畑を所有しており、甲州種を中心に無農薬栽培で葡萄を育ています。気候は甲府盆地ならではの厳しい夏の暑さがありますが、昼夜の寒暖差が非常に大きく、葡萄の栽培には適した環境。

また長野県の塩尻にも畑を所有しており、栽培から醸造までの全ての工程をほぼ一人でこなしています。

自然発酵によるナチュラルなテイストを生み出し、豊かで滋味深い味わいが人気を呼んでいる注目の造り手です!リリース後は、毎年早い段階で完売が続いています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。