Pazos del Rey Pazo de Monterrey Menciaパソ・デ・モンテレイ メンシア

「スペインのピノ・ノワール」と称される土着種メンシア100%!フランボワーズのピュアな果実味、香ばしい樽香が染み渡る。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - ミディアムボディ
生産地 スペイン / 大西洋地方(ガリシア州)
造り手 ボデガ・パソス・デル・レイ【Bodega Pazos del Rey S.L.】
品種 メンシア100%
生産年 2019年
醸造 発酵:ステンレスタンク、30%フレンチオーク樽 / 熟成:30%オーク樽熟成5月
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: spa0228

希望小売価格(税込):¥2,310

販売価格(税込):¥2,079

ポイント: 19 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

華麗な果実香と爽やかな酸味…軽快な印象でありながらも、深みのある妖艶なミディアム赤!スペインとポルトガルをまたぐイベリア半島発祥の土着黒葡萄品種、「メンシア」を100%使用。エレガントな果実味が心地よいメンシアは「スペインのピノ・ノワール」と例えられています。

紫がかった明るい色調のルビー色の外観。フランボワーズやレッドチェリー、ブラックベリーの生き生きとした果実のアロマに、すみれやリコリス、ドライハーブ、砕いた砂利のミネラル感を感じる香りが重なるようにグラスから漂います。

口に含むと、フランボワーズのピュアな果実味が口いっぱいに広がります。フレッシュな酸と、溶け込んだタンニンは美しく調和され、柔らかな質感を醸し出しています。熟した葡萄を想わせる甘いニュアンスと樽由来のスモーキーな余韻が美しく重なり、味わいに奥深さを増しています。

果実味と酸味のバランスの良さ感じる味わいは、豚肉を使ったお料理やイベリコハム、鶏の炭火焼きやポルチーニのパスタなどと合わせると、ワインの味わいがより引き立ちます。スペインでは「ボティーリョ」と言われる豚の腸詰ソーセージと合わせられています。

≪受賞歴≫
※ギーア・ペニン2020 90点(2018ヴィンテージ)

【ボデガ・パソス・デル・レイについて】
2003年にスペインの実業家により設立された、わずか3haの小さなワイナリー。

現在のオーナーはガリシア地方出身のマルエル・ホベ氏で、ゴデーリョ種を中心に栽培しています。

醸造にはオーストラリア人のジョセフィン・ペリー氏を迎え入れ、ブドウ品種本来の特徴を引き出した最高品質の味わいを目指してワイン造りが行われています。

近年その品質が認められ、ギーア・ペニン誌では「モンテレイ最高の白」と称えられています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。