Faiveley Mercurey La Framboisiere Monopole Half 375mlフェヴレ メルキュレイ・ラ・フランボワジエール(モノポール) ハーフ 375ml

フェヴレ単独所有畑「ラ・フランボワジエール」。ワイン名を体現した、赤果実を口いっぱいに頬張ったようなジューシーな味わい。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - ミディアムボディ
生産地 フランス / ブルゴーニュ / メルキュレイ
造り手 フェヴレ【Faiveley】
品種 ピノ・ノワール100%
生産年 2018年
醸造 発酵:ステンレスタンク / 熟成:フレンチオーク樽
容量 375ml
栽培方法 リュット・レゾネ
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: fow0822

希望小売価格(税込):¥2,420

販売価格(税込):¥2,178

ポイント: 20 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

ワイン名「ラ・フランボワジエール」そのままに、フランボワーズの力強いアロマと果実味が印象的!ブルゴーニュ名門「フェヴレ」が所有する11haのモノポール(単独所有畑)の、50年超の古樹から採れたピノ・ノワールから造られた贅沢な1本です。まるで赤果実を食べているような、フレッシュな味わいに魅了されます。

輝きのあるルビーレッド外観。グラスに注いだ瞬間、もぎたての赤果実のフルーティーな香りが力強く立ち昇り、時間が経つにつれ、ほんのりと、シナモンや白胡椒のスパイシーな香りが顔を出し、複雑に絡み合います。

口いっぱいに赤い果実を頬張ったかのような、新鮮な果実味 が魅力的。ビロードのような滑らかなタンニンは全体を程よく引きしめ、心地よい酸味が流れていきます。程よい樽感を感じる綺麗な葡萄風味が長く余韻に残ります。

チャーミングな要素と赤果実の力強さを併せ持つ味わいは、魚、肉、どちらのお料理にも合わせられます。食卓が華やぐワインです。

【フェヴレについて】
ニュイ・サン・ジョルジュに本拠を置くフェヴレ社は、1825年の創立から7代にわたって続くグラン・メゾンです。4代目のジョルジュ・フェヴレ氏は、かの有名なコンフレリー・デ・シュヴァリエ・デュ・タストヴァン(利き酒騎士団)の創設者のひとりとして知られ、オスピス・ド・ニュイ・サン・ジョルジュのキュヴェにも、レ・サン・ジョルジュ・キュヴェ・ジョルジュ・フェヴレとしてその名を残す偉大な人物。

フェヴレが数ある他のネゴシアンと一線を画するのは、その広大な自社畑から造られるドメーヌもののワインが、全生産量の8割を占めているということです。コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、そしてコート・シャロネーズまで、合わせて120haもの自社畑を所有し、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズやエシェゾーなどグラン・クリュに10ha、プルミエ・クリュに25haの畑を所有。ひとつのクリマの面積は平均して1haと決して大きくありませんが、それだからこそクリマごとに手の込んだシュール・ムジュール、すなわちオーダーメイドのワイン造りを行うことができます。

メルキュレイ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ミグランをはじめとする数々のモノポール(単独所有)畑を手に入れ、コート・シャロネーズならフェヴレとまで言われるまでに成長。

今日、メゾンを率いるのは、2005年に25歳の若さで事業を引き継いだエルワン・フェヴレ氏。奇しくも彼の父、フランソワ・フェヴレがメゾンを継承したのも25歳の時。エルワン氏は当主の座に就くや否や、改革を断行し、若いうちはなかなか飲みづらく、長年寝かせて初めて花開く典型的な長期熟成型のワインを、比較的早いうちに飲み頃を迎え、かつ長期の熟成もでき得るワインへとスタイルを変えました。

さらに、2008年にグラン・クリュのバタール・モンラッシェとビアンヴニュ・バタール・モンラッシェを入手。同時にピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュのガレンヌも加わり、壮観なラインナップを完成。新しい当主のもと、フェヴレ社はさらなる高みを目指して進化し続けています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。