Domaine Chaud Raigyoドメーヌ・ショオ 雷魚(SO2無添加)

ドメーヌ・ショオの実験的要素満載のロゼ・スパークリング。旨味と甘み、心地良い酸、きれいな発泡が全体をまとめ上げています!

タイプ スパークリングワイン / 辛口 / ロゼ
生産地 日本 / 山形県&新潟市
造り手 ドメーヌ・ショオ【Domaine Chaud】
品種 スチューベン、ナイアガラ、カベルネ・ソーヴィニヨン
生産年 2020年
醸造 発酵:野生酵母、培養酵母 発酵のための補糖有 無濾過
容量 750ml
栽培方法 除草剤不使用。できるだけ土をふんわりりと保つため大型耕作機は使用せず、手で耕す
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

クール便※夏季限定でクール便を必ずご選択ください。

商品コード: ipn0105

販売価格(税込):¥3,300

ポイント: 30 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

ドメーヌ・ショオの実験的要素満載のロゼ・スパークリング(微発泡)!

あっという間に売り切れたコルネットフィッシュと大人気のグレグレグレープをミックスして醸造。そこに、カベルネ・ソーヴィニヨンのブラン・ド・ノワールを足して、中心軸をしっかりさせたのがこの雷魚!

コルネットフィッシュは味噌麹を使用しており、独特のうまみが特徴。対するグレグレグレープはブドウ果汁そのもののジューシーな果実感が魅力。ということで、この雷魚もしっかりとした果実感はありながらも、ドメーヌ・ショオならではの出汁感がじわっと感じられます。

滓の甘味、葡萄由来の優しい甘い香り、心地よい酸味、そして、旨味。これを、ぴちぴちの発泡感が全体をまとめ上げていきます。

小林さんのお勧めは、よく冷やして、抜栓前にゆっくり全体をかき混ぜて薄濁りにすること。とはいえ、微発泡ですので、抜栓はゆっくりお願いします。

【ドメーヌ・ショオについて】
新潟県新潟市「カーヴ・ドッチ」に隣接するワイナリー。大学では生物資源学(農学)を学んだご主人の小林 英雄氏は微生物学を専門に生命共存科学で博士号を取得しています。

「微生物ってめっちゃ面白い」そう語りながら、酵母の話や土に住む微生物の話を、熱をもって話してくれる非常に熱いお方です。その熱はワイナリーの名前にも表現されています。ドメーヌ・ショオのショオ(Chaud)はフランス語で熱いの意味。これに小林の「小」をかけたのだそう。

小林夫妻の目指すワイン造りは「できるだけ自然に」。無駄を省いて、余計なことをせず、必要な時だけ手を貸してあげることで、葡萄の持つ味わいを極限まで引き出しています。生命力に溢れる葡萄たちは、自然に自分たちの持つ力を発揮してくるのだと小林氏は語ります。

非常にユニークなネーミングもこのワイナリーの特徴。個性あふれるエチケット共に、ワインとネーミングに込められた小林夫妻の思いを感じてください。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。