Oku-Izumo Wine Chardonnay奥出雲ワイン シャルドネ

「奥出雲葡萄園」の挑戦から生まれた1本。強すぎない上品な樽香と柑橘果実味が混じり合う、醸造技術の高さがうかがえる上質な白。

タイプ 白ワイン / 辛口
生産地 日本 / 島根県
造り手 奥出雲葡萄園【Oku-Izumo Vineyard】
品種 シャルドネ100%
生産年 2019年
醸造 発酵:ステンレスタンク(オーク樽でマロラティック発酵) / 熟成:フレンチオーク樽で6ヶ月間
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: ipn0102

販売価格(税込):¥4,268

ポイント: 39 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

島根県奥出雲で国際品種シャルドネを育て、醸造するとどうなるのか。そんな造り手「奥出雲葡萄園」の挑戦から生まれたワインです。オーク樽で7ヶ月間熟成された、樽香を纏う果実味がとても艶やか。奥出雲のレベルの高さを知ることができる1本です。

グラスに注ぐと立ち昇る、オレンジやドライハーブのアロマが爽やかに香り、グラスを回すと樽熟成由来のバニラやナッツのリッチな香りが現れ、ワインに奥行きを与えています。

口に含むと、柑橘の果実味が舌を包み、フレッシュでいきいきとした印象。酸は心地よく、細やかなミネラルと美しく調和し、流れるような口当たりを演出しています。仄かに感じるナッティーな香りが鼻腔を駆け抜け、複雑性のある余韻を導きます。

決して強すぎることのない樽の風味と果実味が織り成す絶妙なハーモニーが見事。よく冷やしてフルーティーな味わいから、温度が上がるにつれて変化するコクのある味わいを楽しむのもおすすめです。

【奥出雲葡萄園について】
昭和60年代、木次乳業有限会社が山葡萄の交配品種を栽培したことから始まり、その後、1990年に関連会社として有限会社奥出雲葡萄園を設立。1992年からワイン醸造を開始しました。奥出雲の土地に適した葡萄、交配種「小公子」とシャルドネを栽培し、できるだけ果汁を綺麗に仕上げてから発酵。葡萄が持つ本来の果実味が生かされるワイン造りを行っています。

ワイナリー内に併設されたレストランや、毎年開催される葡萄収穫のイベントなどを通し、地域とのコミュニケーションを広げています。「自然と共生し地域と共存していく」それが奥出雲葡萄園の目指す姿です。

関連カテゴリ

タイプで選ぶ
白ワイン辛口
産地で選ぶ
アジア各国のワイン
主要品種で選ぶ
白ワイン品種(白ブドウ)シャルドネ
価格で選ぶ
3,500円〜4,999円
主要品種で選ぶ
白ワイン品種(白ブドウ)
タイプで選ぶ
白ワイン
産地で選ぶ
アジア各国のワイン日本ワイン
産地で選ぶ
アジア各国のワイン日本ワイン日本ワイン・白ワイン
主要品種で選ぶ
白ワイン品種(白ブドウ)シャルドネ日本産のシャルドネ

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。