新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント

Bodega Cerro Chapeu Folklore Blanco ボデガ・セロ・チャペウ フロクローレ ブランコ / 白ワイン 辛口 ウルグアイ 750ml

注目のワイン大国・ウルグアイのサステナブル・ワイナリーが造る、人的介入を抑えたジューシーでフレッシュな白!

タイプ 白ワイン / 辛口
生産地 ウルグアイ / リベラ
造り手 ボデガ・セロ・チャペウ【Bodega Cerro Chapeu】
品種 トレッビアーノ70%、マルヴァジア30%
生産年 2023年
醸造 発酵:ステンレスタンク(土着酵母使用) / 熟成:ステンレスタンクで6ヶ月間
度数 12.8%
容量 750ml
栽培方法 サステナブル農法
JAN 4997678202095
  • ※店舗と在庫を共有しているためご用意ができない場合がございます。生産年の変更、欠品がある場合には別途ご連絡いたします。
  • ※お届けする商品と掲載画像の生産年やデザインは異なることがございます。

発送までにかかる日数:1~4営業日

商品コード: uru0028

希望小売価格(税込):¥2,750

販売価格(税込):¥2,475

ポイント: 23 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

いち早く自然なワイン造りに着目し『ウイルス・フリーの葡萄を栽培し理想のワインを造る』というプロジェクトを成功させた家族経営の生産者「セロ・チャペウ」。
「フロクローレシリーズ」は海抜250mに位置する3つの畑の葡萄を使用し、葡萄本来のピュアな果実味を実感できるラインナップ。ワイナリーの精神と革新性を継承し、セロ・チャペウのテロワールをワインに閉じ込めました。

手摘みによる収穫の後、トレッビアーノとマルヴァジアは除梗され別々に圧搾。土着酵母を使用しステンレスタンクで6ヶ月間発酵させ、6ヶ月間熟成させます。鮮度を保つためになるべく人の手を加えず、無濾過で瓶詰めされます。

淡い麦藁色の色調。洋梨や林檎、アプリコットにほんのりトロピカルフルーツ。白い花のフローラルなノートに、ハーブや蜂蜜のニュアンスが重なる芳醇で魅力的な香りです。

口当たりはフルーティーでとても滑らか。フレッシュな果実味と心地よい酸に、パイナップルティーを思わせるフレーバーが広がります。程よいボディがあり、僅かな塩味を感じるミネラルのニュアンスも良好。爽やかさと柔らかさを兼備したジューシーな味わいで、長くしなやかな余韻が続きます。

シーフードや軽めのパスタ料理との相性は抜群!フェンネルを添えたサーモンのタルトや、ディルが香るカルパッチョなど、ハーブを使った料理にもよく合います!

【ボデガ・セロ・チャペウについて】
1752年、フランシスコ・カラウ・ヴェヒルス氏がスペイン・カタルーニャで創業。1930年からは移住先のウルグアイでワインを造り続けた、10世代にわたり続く家族経営のワイナリーです。

多雨のウルグアイでは葡萄の樹のウイルス感染が大きな懸案事項となっていたため、1975年、9代目にあたるキコ・カラウ・プジョル氏はカリフォルニア大学デービス校と連携し、ウイルス・フリーの葡萄を育てるための理想の地(水はけの良い砂質土壌の斜面地)を探し始めました。ウルグアイはもとより、ブラジル南部の土壌をも精査した結果、リベラの「セロ・チャペウ」に最適な土壌を発見。ここに「セロ・チャペウ・プロジェクト」がスタートしました。

このプロジェクトから50年近くが経過した今日、タナを始めとする多様な品種がこの地に適応し、素晴らしいテロワールを表現し続けています。

現オーナーはキコ・カラウ氏の息子である醸造家のフランシスコ・カラウ氏で、1997年に10代目としてワイナリーを引き継ぎました。彼は重力を利用したグラヴィティ・システムを導入するべく丘の上にワイナリーを新設。またセロ・チャペウの土着酵母に着目し、人的介入を最小限に抑えたワイン造りを実現させました。彼の功績は高く評価され、2021年にはティム・アトキンのウルグアイ・ワイン・レポートにて、ワインメイキング・レジェンドを受賞しています。

葡萄畑では有機農法を採用し、人の手の介入を極力避けた葡萄栽培が行われています。
・開花期と収穫の数日前の2回、殺菌剤として有用な在来酵母を散布
・冬季の雑草管理や糞尿の堆肥利用のために羊を放牧(循環型農業の実践)
・収穫後の茎や葡萄の搾りかすを堆肥として利用

自然なワイン造りにこだわるセロ・チャペウでは醸造に添加物を使用せず、厳選された土着酵母で発酵を行います。ワインの濾過はほとんど行わず、瓶詰時に極少量のSO2が添加されます。

また環境に配慮した生産者としても知られていて、日中は照明を使用しないほか(ワイナリーは太陽光が射し込む設計)、重力を利用してワインを運搬するため電気使用量の削減に繋がります。同社では、全ての電力を太陽光発電で賄うための計画も進められています。更にプラスチックの使用の制限や再生紙の使用、軽いガラスボトルの使用などを徹底し、CO2排出量削減に努めています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。もっと見る

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

営業日カレンダー

2024/4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024/5
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024/6
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
セール特価前価格: 税込
ボーナスポイント:

レビューはありません。