0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Chateau Roques Mauriac シャトー・ロック・モリアック

タイプ
赤ワイン  辛口  フルボディ 
生産地
フランス ボルドー アントル・ドゥ・メール
造り手
シャトー・ロック・モリアック【Chateau Roques Mauriac】
品種
カベルネ・フラン50%、メルロー40%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%
生産年
2014年
醸造
発酵:ステンレスタンク / 熟成:オーク樽で13ヶ月間、ステンレスタンクで12ヶ月間
容量
750ml
商品コード: bor0148
希望小売価格(税込):¥1,980
販売価格(税込) ¥1,780
 詳細説明
 詳細説明
 詳細説明
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
若き当主と敏腕コンサルタントが手掛けた「高いカベルネ・フラン比率」がこだわりのボルドーワイン!

ブラックチェリーの黒い果実を想わせる香りに複雑なスパイス香が交差しています。

果実味の凝縮したモダンでフレンドリーな味わいと、ボルドーらしいエレガントさの両方を併せ持つ一本です。

個性豊かなカベルネ・フランらしさを味わえるワインとして、普段ボルドーワインを飲みなれている方にもおすすめです。

※2015年ベルリン・ワイン・トロフィー金賞(2014年ヴィンテージ)
※2016年リヨンコンクール金賞(2014年ヴィンテージ)

【シャトー・ロック・モリアックについて】
1975年、ボルドーのアントル・ドゥ・メール地区にエレーヌ・レビュー氏が設立したシャトーです。

2代目となる現当主ヴァンサン・レヴュー氏は、2003年に事業を引継ぎ、敏腕コンサルタントであるオリヴィエ・トーガ氏を迎えます。

オリヴィエ氏の経験値、そして当主レヴュー氏の若いインスピレーションが融合し、世界的権威とされるワイン専門誌、「デキャンタ誌」からも認められるワイナリーへと変貌を遂げました。

シャトー・ロック・モリアックの特徴は、メルローの比率が高いアントル・ドゥ・メール地区では珍しく、カベルネ・フランの比率が高いことが挙げられます。

一般的にカベルネ・フランは、メルローに比べ熟すのに時間がかかり、タンニンが出やすく硬いワインに仕上がるため、「飲みやすくお手頃」なイメージが強いアントル・ドゥ・メールでは、敬遠されがちな品種です。

しかし、レヴュー氏は「メルローやカベルネ・ソーヴィニヨンと同じように、カベルネ・フランも素晴らしい品種であるこ
とを世界に伝えたい」と語り、ボルドーのアイデンティティーを守りながら人とは違う挑戦をし続けています。

結果、彼の功績はデキャンター・ワールド・ワインアワードで格付けシャトーを抜き、金賞を受賞。世界から認められるワイナリーへと大きく飛躍しました。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):