Domaine Alain Brumont Chateau Bouscasse Menhirドメーヌ・アラン・ブリュモン シャトー・ブースカッセ メニール 2006

伝統種タナと最高のメルローをブレンド!黒トリュフの熟成香、シルクの様な滑らかな質感、凝縮された黒果実感…今まさに飲み頃です!

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 フランス / 南西地方
造り手 ドメーヌ・アラン・ブリュモン【Domaine Alain Brumont 】
品種 タナ50%、メルロー50%
生産年 2006年
醸造 発酵:コンクリート及びステンレスタンク。マセラシオン期間30日 / 熟成:オーク樽(新樽率30% ) シュールリー方式で14ヶ月間
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: fow0935

希望小売価格(税込):¥4,950

販売価格(税込):¥4,455

ポイント: 41 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

フランス南西地方の巨匠「ドメーヌ・アラン・ブリュモン」が手掛ける15年熟成・赤!伝統品種タナと最高の土壌で育ったメルローをブレンドした、唯一無二のテロワールで造る至高のグラン・ヴァンです!

造り手アラン・ブリュモンは『フランス南西地方唯一の5つ星生産者』と称される、地区最高生産者。ワイン愛好家でもあるハリウッドスター「トム・クルーズ」が、アメリカの自宅から自家用ジェット機でアラン氏のワインを買い付けに行った、という逸話はあまりにも有名です。

ボルドー銘醸地ポムロールと同じ灰色粘土質で育ったメルローが華やかさを、「ガレ」(石)が混じる粘土質土壌で育ったタナが力強さをもたらしています。2つの葡萄の特徴が融合し、長い熟成期間を経てより贅沢な複雑さを生み出しています。複雑さを保つため瓶詰は無濾過で行っています。

輝くガーネット色の外観。ドライいちじくの凝縮した濃い果実のアロマが印象的。ナツメグやクローブのスパイス香、熟成を経て生まれた腐葉土やなめし皮、干し肉の香りが重なり、魅力的な熟成香りとなって立ち昇ります。

凝縮感のあるブラックベリーの果実味と滑らかなタンニンとの調和が素晴らしく、口当たりは柔らか。引き締まった酸が全体を引き締め、味わいにメリハリを与えエレガントな表情を醸し出しています。黒トリュフの熟成したニュアンスが鼻腔を駆け抜け。幾層も広がる複雑さを伴った余韻が長く続きます。

ゆっくりと時間をかけて味わいたい逸品。鴨のロースト、燻製料理、仔羊の煮込みなどと合わせていただくと円熟味を帯びた果実味がより引き立ちます。

≪受賞歴≫
※ギド・アシェット2013 4点/5点満点(2010ヴィンテージ)
※ワイン・エンスージアスト誌2016 全体9位&93点(2009ヴィンテージ)
※ギド・アシェット2011 3ツ星(2007ヴィンテージ)
※ワイン・エンスージアスト誌 93点(2006ヴィンテージ)
※ヴィノテーク2019年11月号 ワイン・バイイング・ガイド 17.5点/20点満点(2007ヴィンテージ)

【ドメーヌ・アラン・ブリュモンについて】
アラン・ブリュモンは知名度の高いボルドーの影に隠れ、その真価が正当に評価されていなかった南西地方の銘醸地、マディランとガスコーニュをブランドとして確立した生産者です。

1980年、このテロワールからグラン・ヴァンが生まれると直感したアランはシャトー・モンテュスと20haの畑を購入。数年かけ、様々なぶどう品種を各テロワールに植えて、全くの独学で試行錯誤を繰り返す中、この地こそが最高品質のワインを生み出すテロワールに違いないという直感は、いつしか確信へと変わりました。

アラン・ブリュモンは1985年に、かつて誰も行わなかった、タナ80%、カベルネ・ソーヴィニョン20%というアッサンブラージュのシャトー・モンテュスを発売して大きな注目を集めてからも、テロワールを反映したグラン・ヴァンのリリースを重ね、フランスの著名なワイン評論家、ミッシェル・ベタンヌ氏に「他のアイコンと呼ばれた人々が300年かけて築いた実績を、彼はわずか30年で成し遂げてみせた」と言わせるまでの生産者となったのです。

また、畑の周りの生態系を守るというのも特徴のひとつです。むやみに開墾することなく、動物・植物・ぶどうの株の根元に生える下草や苔などを 自然のままに残すことで、土壌の下では微生物の活動が盛んになり、ぶどうの樹に養分を送りこむことができるため、ぶどうの品質向上につながるのです。

アラン・ブリュモン氏がフランスワイン界に与えた影響は大きく、1991年にゴー・ミヨ誌で80年代を代表するワインメーカーに選出され、1997年にはナポレオン1世により制定されたフランス最高勲章「レジョン・ドヌール」を受勲しています。また、アラン・ブリュモンの評価はフランス国内にとどまらず、世界の有名雑誌にて賞賛されており、シャトー・ブースカッセはワイン・エンスージアスト誌2016年のセラーセレクションTOP100の9位に選出されています。

最も消費者の手に届く価格でありながら、ボルドーの有名シャトーを抑えて、「長期熟成に適したワイン」に選ばれたことはアラン・ブリュモンにとって、何よりの誇りです。「南西地方のペトリュス」「テロワールの天才」などと喩えられるようになった今も、「私の務めはテロワールに自ら語らせること。新たな味わいを創りだすのに必要な素材は、全てこの地に揃っているのだから。私はただテロワールの個性を引き出し、全体の調和を図っているに過ぎない。」と、テロワールを反映したワイン造りにこだわり、その高いポテンシャルを、世界に発信し続けています。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

おすすめ度:5

熟成感あり

投稿者:kaji2021/11/28

熟成を感じる色、香り、滑らかさこの値段にしてはかなりいい感じ。抜栓した時の香りは1000円前後のワインではない高級感あるものでした。個人的にはもう少し腐葉土の感じが強いものが好みですが星5つ。