新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント

Chateau Gruaud Laroseシャトー・グリュオー・ラローズ

メドック格付け第2級。どのヴィンテージも安定的バランスを誇る実力の高さに脱帽。レストランでもリストに名を連ねる一流ワイン。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 フランス / ボルドー / サン・ジュリアン
造り手 シャトー・グリュオ・ラローズ【Chateau Gruaud Larose】
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン72%、メルロー25%、カベルネ・フラン3%
生産年 2019年
度数 13.5%
容量 750ml
  • ※店舗と在庫を共有しているためご用意ができない場合がございます。生産年の変更、欠品がある場合には別途ご連絡いたします。

商品コード: fow0950

希望小売価格(税込):¥16,500

販売価格(税込):¥13,200

ポイント: 120 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

メドック格付け第2級のシャトー・グリュオ・ラローズ。

ワインラベルには「王のワイン、ワインの王」と書かれている事でも有名です。その歴史は17世紀中盤にまで遡り、グリュオー神父がワイン造りを手掛けたのが始まりでした。

当時の文献ではすでに、このシャトーの熟成ワインの素晴らしさに触れられています。正式にグリュオー・ラローズと名乗るようになったのは1781年からです。

現在はメルロー一族のジャン・メルロー氏(タイアン・グループ)指揮の元、エレガントでかつ洗練された味わいには、毎年安定的な定評があります。

場所はサン・ジュリアン。ジロンド川から離れたやや内陸の丘陵地に位置します。畑は2級では最大級の面積で、粘土質を含んだ砂礫質の土壌。

海抜が高く砂利が多いため水捌けが抜群に良く、ブドウ樹がストレスなく根をグングンと伸ばしやすい環境です。熟練のスタッフによって、この多彩なテロワールを最大限に生かしたブドウ樹が栽培されています。

平均樹齢は40~42年。樹齢の高い樹がファーストラベルに使用されており、ファーストの選果に漏れた一部はセカンドで使用されていますが、醸造法は全く同じ造り方です。

1990年代に入ってからの味わいは、とても安定的と言われており、ファンからは不動人気を博しています。主張しすぎる事のない安定的バランスが評価を呼び、レストランでもリストに名を連ねることが多い1本です。

【テイスティングコメント】
プラムやブラックチェリー、カシスの芳醇な果実のアロマ、ドライローズや甘草、シダ、土のニュアンスが折り重なり複雑に漂います。

完熟した果実味と滑らかなタンニンがバランス良く調和し、緻密な舌触り。スパイシーな余韻が長く続き、男性的な強いパワーが美しく表現されています。

【格付け】メドック第2級

≪受賞歴≫
※ワイン・アドヴォケイト誌 92点(2018ヴィンテージ)
※ジェームス・サックリング 95~96点(2018ヴィンテージ)
※ル・ギド・メイユール・ヴァン・ド・フランス2021 97点&クー・ド・クール(2018ヴィンテージ)

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。もっと見る

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。