0
¥0

現在カート内に商品はございません。

カテゴリ一覧

ページトップへ
イタリア北西部に位置するリグーリア州。耕作地が少なくワイン生産量も極少ですが、魅力的な土着品種を多く栽培。特に注目はロッセーゼ種。スパイシーな赤がロッセーゼ・ディ・ドルチェアックア等で造られています。また、チンクエ・テッレはこの州を代表する産地。通好みの白が造られています。近年はピガートやボスコ、オルメアスコなど多様な土着品種が潜在能力を発揮し、今後のワイン発展が期待されています。