0
¥0

現在カート内に商品はございません。

コキンボ地方

8件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ
コキンボ地方は、チリ最北のワイン産地。冷涼な気候を特徴とするエルキ・ヴァレーの他、リマリ・ヴァレーやチョアパ・ヴァレーなどを擁する地域です。赤ワインを中心に造られており、シラーやカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カルメネールなどが代表格です。太平洋沿岸とアンデス山脈に挟まれた標高1000~2000mに位置する畑は葡萄の病害が非常に少なく、樹齢100年を超える古樹が多く見られます。栽培に恵まれた日照量と昼夜の寒暖差があり、近年急速に葡萄畑の面積が広がっている注目の産地です。また葡萄を原料とした蒸留酒ピスコが有名で、チリの特産品として楽しまれています。