0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Tamada Pirosmani Red ピロスマニ レッド

タイプ
赤ワイン  中甘口(セミスイート)  フルボディ 
生産地
ジョージア(グルジア) カヘチ地方(東部) 
造り手
ジョージアワインズ&スピリッツ社【GWS社】
品種
サペラヴィ100%
容量
750ml
商品コード: geo0007
希望小売価格(税込):¥2,200
販売価格(税込) ¥2,090
カートに追加しました。
カートへ進む
アラザニ地区産のサペラヴィ種100%で造られる中甘口タイプの赤ワイン!収穫をわざと遅くし、果実の糖度が高まってから収穫するレイト・ハーベストによって育てられた葡萄を使用しています。

色は明るいルビー色。ブラックベリーとダークチェリーの香りに、少しスパイシーな黒胡椒のニュアンスが感じられます。

味わいは、しっかりとした口当たりに爽やかなフルーツのアロマが広がります。渋みと酸味のバランスが程よく、くせのないさっぱりとした甘さが印象的。

一般的にレイト・ハーベストの甘口ワインは価格が高くなりやすい傾向にありますが、他のジョージアのセミスイートワインに比べ安価で味わいも申し分ありません。

ジョージアのナチュラル・セミスウィート・ワインをもっと気軽に飲んでみたいという方にお勧めの1本です!

このワインの名前でもあるニコ・ピロスマニ氏は、ジョージア(グルジア)の独特な光景を描く画家として知られており、彼の「ジョージアの夜の食卓の中の習慣」を描いたデザインはGWS社の多くのワインラベルの表紙を飾っています。

【GWS社とTAMADAシリーズについて】
GWS社(ジョージアワインズ&スピリッツ社)は、1993年ジョージアの東部・カヘティ地方に設立した比較的新しいワイナリーです。

ジョージアならではの葡萄品種に、昔ながらの伝統的な醸造方法と世界の高度な最新技術を取り入れ、数々の国際博覧会で受賞されるなど、国を代表するワインメーカーとしてその地位を確立しています。

「TAMADA(タマダ)」シリーズは、ジョージアのお祭りやお祝い事などで乾杯ワインとして親しまれているGWS社を代表するワインブランドです。

サペラヴィやムツヴァネ、ルカツィテリなどジョージアの古来から伝わる葡萄品種を使用しており、どのワインもその品種の個性や土壌の魅力を存分に味わう事が出来ます。

主に「ジョージアのボルドー」と呼ばれるカヘティ地方の葡萄を使用しており、濃厚なスタイルの味わいを特徴としており、1,000円台の手頃な価格から高品質のワインを味わえます。

また近年、自然醸造にこだわったワインやオレンジワインなど、個性的で玄人向けものも多いジョージアワインの中で、濃厚な味わいながらもタンニンは滑らかで酸は柔らかく、誰でも親しみやすい葡萄本来の果実感を楽しむことが出来ます。

現在、TAMADAブランドは日本のみならず、中国やロシアを筆頭に、世界各国で愛飲されている人気ブランドとなっています。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):