0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Catherine Marshall Pinot Noir on Clay Soils キャサリン・マーシャル ピノノワール・クレイソイルズ

タイプ
赤ワイン  辛口  ミディアムフルボディ 
生産地
南アフリカ エルギン 
造り手
キャサリン・マーシャル【Catherine Marshall】
品種
ピノ・ノワール100%
生産年
2017年
醸造
熟成:フレンチオーク樽で9〜12ヶ月間
度数
13.5%
容量
750ml
商品コード: sou0200
希望小売価格(税込):¥5,940
販売価格(税込) ¥5,300
 詳細説明
 詳細説明
 詳細説明
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
クランベリー、煮詰めたブラックチェリー、森林や土、樽熟成からくる香ばしいバニラなどの多様な香りに包まれています。時間の経過と共にトリュフや皮のような香りも現れ、一段と複雑さが増していきます。

豊かな酸味があり、タンニンはシルキーで細やかな滑らかさ。しっかりとしたボディもあり、骨格が美しくエレガントにまとまっています。

余計な手を加えず、造り込まれた感じが全くないのがこのワインの特徴。飲み疲れする事がなく、二杯目、三杯目と続けたくなる魅惑の味わいです。

ピュアなブドウの果実味は、エルギン地区の土壌の個性を感じる事ができます。ブドウ本来の美味しさを十分に感じ、魅力にハマっていく人続出です。

≪受賞歴≫
※デカンターワールド ワインアワード2017 84点&推薦賞(2015年ヴィンテージ)
※Tim Atkin Report 2017 93点(2016年ヴィンテージ)

【キャサリン・マーシャルについて】
南アフリカのエルギン地区、標高300mの場所に畑を構えています。この地区は冷涼な気候で、綺麗な酸を持った凝縮ブドウが育つ、恵まれた環境のミクロクリマが存在します。

土壌は鉄分を多く含む粘土質でミネラルがたっぷりと含まれており、ワインの味わいにも透明度のあるミネラル感が反映されます。

収穫は全て手摘みで行われ、厳選に人の手で選果。同じ高品質ブドウの中でも区画同士でブレンドし、最も優秀な味わいのものだけが最終醸造工程に進む事ができます。

ワイナリーを取り仕切る醸造家のキャサリン・マーシャル氏は、今まで同国内の銘醸ワイナリーで修行を重ねてきました。

彼女の得意分野は理論的な醸造。人の介入は極力避ける事を第一主義としています。土地の個性を十分に把握し最大限に適した自然由来の醸造を施す、ナチュラルなワインの造り手です。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):