0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Latour-Giraud Meursault Cuvee Charles Maxime Blanc ラトゥール・ジロー ムルソー キュヴェ・シャルル・マクシム ブラン

タイプ
白ワイン  辛口 
生産地
フランス ブルゴーニュ ムルソー
造り手
ドメーヌ・ラトゥール・ジロー【Domaine Latour-Giraud】
品種
シャルドネ100%
生産年
2015年
醸造
発酵:オーク樽 / 熟成:オーク樽で12ヶ月間、更にステンレスタンクで3ヶ月間
度数
13.3%
容量
750ml
商品コード: fow0635
希望小売価格(税込):¥7,920
販売価格(税込) ¥6,730
カートに追加しました。
カートへ進む
ブルゴーニュ・シャルドネの銘醸地の一つ・ムルソー村にある、複数の優良畑のブドウを厳選しブレンドして造られています。

ムルソーワインの特徴は溌剌とした酸に透明感のあるミネラル。若いうちからふくよかさが表れた、しっかりとした味わいが生み出されます。

グラスから溢れ出すように零れ落ちる、白桃やグレープフルーツのアロマ。磯の岩、アカシアの蜜やヘーゼルナッツの甘やかながら引き締まったニュアンスがあり、ピュアなミネラルを感じます。

程よい厚みがあり、豊かな果実味が引き出された瑞々しい印象。ややオイリーな質感がありますが決して重すぎず、凛とした酸が見事に融合したバランスの良い味わいです。

典型的な強い熟成感を持つムルソー・スタイルよりも、ピュアな果実味を楽しめるワインです。

【ドメーヌ・ラトゥール・ジローについて】
ムルソー村に16代続くブドウ園を営んできた一族です。

15代目に入った1982年、ピエール・ラトゥール氏により初めて自社畑のブドウをボトリングする元詰めスタイルをスタートし、瞬く間に脚光を浴びるようになりました。

ワイナリーでは白ワインの生産が全体の80%を占めます。10haの畑でシャルドネを栽培しており、ムルソーを代表するレ・ポリュゾやレ・シャルムなど5つの1級畑が中心となっています。

醸造を始めた当初は長期熟成だけを視野に入れたワインを手掛けていましたが、現在はステンレスタンク槽を熟成に取り入れており、若いうちから楽しめ、かつ長期熟成も可能なワイン造りにシフトしています。

自然体に近いムルソーの個性の表現に力を入れており、現在は100%ビオロジック(有機)栽培を実践。これは造り手の当たり前の姿とし、エコ認証を取得する予定は将来的にもないそうです。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):