0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Chateau Lynch-Moussas シャトー・ランシュ・ムーサ 1996

タイプ
赤ワイン  辛口  フルボディ 
生産地
フランス ボルドー ポイヤック
造り手
シャトー・ランシュ・ムーサ【Chateau Lynch-Moussas】
品種
カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー30%
生産年
1996年
醸造
熟成:オーク樽で18ヶ月間
度数
12.5%
容量
750ml
商品コード: mei0303
希望小売価格(税込):¥13,420
販売価格(税込) ¥11,400
カートに追加しました。
カートへ進む
メドック第5級のシャトー・ランシュ・ムーサ。元は同じく第5級のシャトー・ランシュ・バージュと一つの畑でしたが、2つに分割され独立したのが始まりです。

1855年のメドック格付け制定後、品質は低下の一途を辿り、20世紀初頭までは忘れ去られたシャトーとなっていました。

その後1919年に、ボルドーの名家で格付け4級のシャトー・デュアール・ミロンを当時所有していたカステジャ家によって変革がもたらされ、現代的な醸造所へと再興が行われます。

また畑の改良も積極的に行われ、テロワールを重視した葡萄栽培を実施した事からワインの品質は目覚ましい向上を遂げ、現代の名誉あるランシュ・ムーサとして復活を遂げます。

所有している土壌は200haという広大な面積を誇り、砂質の多い礫質が特徴。その中から葡萄の成育に適した優れた場所のみでカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローを栽培しています。

収穫はすべて手摘みで行っており、熟練の職人によって厳選された最良の葡萄のみを使用。偉大なポイヤックワインに匹敵するしなやかで素晴らしい味わいのワインが生み出されています。

【テイスティングコメント】
エンジがかったダークルビーの色合い。

香りからは、プラムやブラックオリーブ、ダークチェリー、木炭、タバコ、杉などのニュアンスが感じられ、長期熟成を経た今でもワインの生き生きとした状態が伝わってきます。

口に含むと、湿った石を想像させる硬質のミネラル、爽やかなタイム、枯葉や煙草の様なスモーキーなタッチが広がり、角が取れ丸みを帯びたタンニンが全体を滑らかにまとめています。

余韻も非常に長く、エレガントで洗練された上質な熟成ボルドーワインに仕上がっています。

【格付け】メドック第5級



※こちらはご注文頂きました後、輸入元からお取り寄せするお品です。在庫状況によってご用意できない場合がございますがご了承ください。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):