0
¥0

現在カート内に商品はございません。

カテゴリ一覧

ページトップへ
アントル・ドゥ・メールはガロンヌ川とドルドーニュ川が合流する手前の三角州に位置し、その地形を形容する「二つの海の間」を意味します。土壌は粘土石灰質で、赤・白の両方のワインが造られています。近年は特にソーヴィニヨン・ブランやセミヨンから成る白ワインの目覚ましい品質向上に注目が集まり、香り高くフレッシュ&フルーティーな味わいが人気を呼んでいます。150の村から成り、葡萄畑の他に野菜畑や自然が散在する広大な地区です。世界的な銘醸シャトーは存在しませんが、共同組合の参画がしっかりと行われており、安定感のあるお手軽なボルドーの産地として知られ、リーズナブルな価格の良質ワインが手に入ります。