0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Sottimano Langhe Nebbiolo ソッティマーノ ランゲ・ネッビオーロ

タイプ
赤ワイン  辛口  ミディアムボディ 
生産地
イタリア ピエモンテ州 
造り手
ソッティマーノ【Sottimano】
品種
ネッビオーロ100%
生産年
2018年
醸造
発酵:ステンレスタンク / 熟成:フレンチオーク樽で6ヶ月間
容量
750ml
商品コード: ita0389
希望小売価格(税込):¥4,510
販売価格(税込) ¥3,560
 詳細説明
 詳細説明
 詳細説明
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
本来であればバルバレスコとしてリリースされるはずのワイン。造り手のこだわりにより、あえてランゲ・ネッビオーロとして出されたお得な1本。

ほんのりと甘やかな赤い果実の中から感じる紅茶のニュアンスがとても素晴らしく、柔らかめのタンニン感がとても良いアクセントとしてバランスを成しています。

【ソッティマーノについて】
ソッティマーノは1975年に創立されたワイナリーです。

現在は二代目にあたるアンドレア・ソッティマーノが中心となりワイナリーを仕切っています。バルバレスコにおいてクリュ・単一畑の概念を積極的に取り入れています。

アンドレアは高校を出るとすぐにブルゴーニュに渡り様々なブルゴーニュの生産者と交流を深めました。中でもベルナール・デュガ・ピィとの出会いは後のソッティマーノのワイン造りを大きく変える事になります。

彼がブルゴーニュで最も影響を受けたのが、テロワールの概念とバリック。特に始めはバリックが上手く使えずに多くの失敗を繰り返しました。

後にベルナール・デュガ・ピィから「フランソワ・フレール」と言う樽メーカーを紹介され、使用するようになります。

「フランソワ・フレール」社の樽はDRCや名だたるブルゴーニュの巨匠と言われる造り手が使う樽で、会社が認めた造り手しか使うことができません。

この事がワイナリーの前進につながったことも事実でしょう。
ここから大幅にワインの品質が向上。今やバルバレスコを代表する造り手の一つです。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):