La Sapata Crama Delta Dunarii Babeasca Neagraラ・サバタ・クラマ・デルタ・ドゥナリ バベアスカ・ネアグラ

「黒い貴婦人」の名を持つルーマニア黒・土着品種!溢れんばかりの濃厚な果実味、力強さとまろやかさを兼ねる気品ある1本。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 ルーマニア / ドブロジェア地方
造り手 ラ・サバタ・クラマ・デルタ・ドゥナリ【La Sapata Crama Delta Dunarii】
品種 バベアスカ・ネアグラ100%
生産年 2020年
醸造 発酵:野生酵母を使用しステンレスタンク
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: rom0065

希望小売価格(税込):¥2,310

販売価格(税込):¥2,079

ポイント: 19 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

ラベルは4パターン!どの絵柄になるかは届いてからのお楽しみです♪※絵柄はお選びできません。

ドナウ川の雄大なデルタ(三角州)で育まれた土着品種の個性が光る赤!「黒い貴婦人」の名を持つルーマニア代表土着品種「バベアスカ・ネアグラ」100%を使用。溢れんばかりの濃厚な果実味、ビロードのように滑らかなタンニン…土着品種ならではの力強さとまろやかさを兼ねる気品ある1本です。

このワインが造られている場所「デルタ・ドゥナリ」=ドナウ川三角州。世界遺産に登録されている自然の宝庫であり、90パーセント以上が湖や沼地で元は痩せた土壌でした。長い間人が加わらなかったことにより自然のままに土壌が活性化し、現在は高高品質葡萄を造るのに大変適した土壌へと変化を遂げている、ルーマニア注目の栽培地です。

この地に魅せられたイタリア人ワインオーナーとルーマニアの農業家2人が造ったワイナリーが「クラマ・デルタ・ドゥナリ」。化学肥料や除草剤は一切不使用、環境に配慮したワイン造りを行っています。

完熟したブラックベリーやブルーベリーの果実味たっぷりなアロマ、すみれ、黒胡椒のスパイシーな風味、チョコレートのニュアンスが重なり、グラスから妖艶に立ち昇ります。

口に含むとブラックチェリーをかみ砕いたようなジューシーで濃縮した果実味が柔らかなタンニンと共に広がります。引き締まったシャープな酸が快活な印象。しっかりと残るピリッとした胡椒のニュアンスが力強さを演出し、ボリュームのある余韻へと導きます。

葡萄の力強さを感じるフルボデイの味わいはお肉全般、特にラム肉のステーキとの相性が抜群です。またルーマニアの代表的なお肉料理サルマーレ(ルーマニア風ロールキャベツ)と合わせるのが現地風。トマトソースの酸味との相性もぴったりです。

【ラ・サパタ・クラマ・デルタ・ドゥナリについて】
イタリア人オーナーのロベルト・フィリポ氏と農業家ロベルト・ピエロニ氏によって、2009年に設立。ルーマニア東部、ドブロジェア地方のデルタ・ドゥナリというエリアにあります。ドナウ川終着点のこの地は、人の手がほとんど入っていない自然状態の三角州(デルタ)が世界遺産に登録されており、多種多様な魚類や野生生物、植物が生息しています。

イタリアでワイン造りをしていたフィリポ氏と、ルーマニア在住の農業家ロベルト氏の出会いがきっかけとなり、2人はデルタ・ドゥナリの魅力的な歴史と豊かな自然に魅せられ、この地でワイン造りを始める決心をしました。さらに「気候がイタリアのウンブリアに似ていて、そして一番ミネラルが多い土地」という理由からソモバという場所に絞りました。

畑には化学肥料や除草剤は一切使いません。馬で畑を耕し、ガチョウの堆肥を使用するなど、環境に配慮した自然な造りをしています。

彼らの目的は「最良の環境で最高のワインを造る」ことだけにとどまりません。ルーマニアの深刻な経済状況を鑑み、「雇用を安定化させること」「人と技術の流出や土地の放棄を防ぎワイン造りの伝統を守ること」を目指しています。地域への社会貢献でも重要な一面を担っているワイナリーです。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。