新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント

Mount Edward Gamay マウント・エドワード ガメイ(SO2無添加) / 赤ワイン 辛口 ミディアムボディ ニュージーランド 750ml

NZ自然派ワインのトップランナー「マウント・エドワード」を代表する1本!SO2無添加で造る明るく鮮やかなガメイ!

タイプ 赤ワイン / 辛口 - ミディアムボディ
生産地 ニュージーランド / セントラル・オタゴ
造り手 マウント・エドワード【Mount Edward】
品種 ガメイ100%
生産年 2022年
醸造 発酵:自然発酵10日間(天然酵母使用)、マセレーション5日間 / 熟成:フレンチオーク樽で8ヶ月間(228L旧樽)、SO2無添加、無濾過・無清澄
度数 12.5%
容量 750ml
栽培方法 ビオロジック(Bio-Gro)
  • ※店舗と在庫を共有しているためご用意ができない場合がございます。生産年の変更、欠品がある場合には別途ご連絡いたします。
  • ※お届けする商品と掲載画像の生産年やデザインは異なることがございます。

クール便※夏季限定でクール便を必ずご選択ください。

発送までにかかる日数:1~4営業日

商品コード: fow1546

希望小売価格(税込):¥5,280

販売価格(税込):¥4,752

ポイント: 43 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

在庫:残り1個

数量

商品詳細



ニュージーランド初の酸化防止剤無添加ガメイとして注目され、多くの評論家が高く評価!

◇『食欲をそそるほど新鮮で深く、ペッパーのような果実を伴う、とても美味しくて活気に満ちた果実』ジェームス・サックリング
◇『フレッシュな酸と長く爽やかな余韻が。ジューシーで飲みやすく、軽快で食欲をそそる赤ワインを求める現在のトレンドにピッタリ』ワイン・アドヴォケイト
◇『豊かでしなやかで、プラムや赤いベリーの生き生きとした甘いフルーツのフレーバーがあり、驚くほどの深みと飲みやすさ!』マイケル・クーパー

■産みの親と育ての親、二人の奇才により生み出された、ワイナリーを代表する1本!

「マウント・エドワード」の創設者であり、「セントラル・オタゴワインの父」とも称されるアラン・ブラディ氏
現オーナーであり、自然派ワインに精通した醸造家でもあるダンカン・フォーサイス氏

二人の間でしっかりとバトンが渡され、ニュージーランドを代表する自然派ワインの生産者へと成長した「マウント・エドワード」が手掛けるSO2無添加ガメイ!

ビオロジック農法で栽培された葡萄を手摘みで収穫。葡萄畑のスタイル、テクスチャー、フレーバーをしっかりと描き出すため、この土地固有の野生酵母(天然酵母)を使用し自然発酵。ワインは無濾過・無清澄、SO2無添加で瓶詰めされます。セントラル・オタゴの冷涼な気候は、格別なエレガンスと洗練された酸を育み、ニュージーランド最高のガメイを生み出します!

マウント・エドワードでは、『Grow Your Own Way~自分らしく成長しよう~』をモットーに、周りの全ての人を大切にし、同じ夢を共有できる人々に囲まれ、自分自身が楽しめるワイン造りが行われています!

■世界屈指の銘醸産地「セントラル・オタゴ」

世界最南端のワイン産地の一つとして知られるセントラル・オタゴ。
・ニュージーランド南島を南北に走る山脈が雨雲を遮るため、1年を通して雨が少なく極端に乾燥
・昼夜の寒暖差が非常に大きく、ニュージーランドで唯一の半大陸性気候
・氷河に由来するシスト土壌は栄養分が乏しい「痩せた土地」
これらの全てがワイン用葡萄の栽培に適しており、豊かな果実味と美しい酸を備えた、エレガントなワインに仕上がります。

■セントラル・オタゴをNZ屈指の銘醸地へと昇華させた立役者、アラン・ブラディ氏が立ち上げた「マウント・エドワード」

セントラル・オタゴワインの先駆者ともいえる「マウント・エドワード」の設立は1998年ですが、全ての始まりは1984年、ブラディ氏がギブストン・ヴァレーに位置する3haの葡萄畑を開墾したことに始まります。

1987年、セントラル・オタゴ初の商業用ピノ・ノワールを「ギブストン・ヴァレー・ワイン」名義でリリース。14年後には「世界ピノ・ノワール選手権」でチャンピオンの座に輝き、世界にセントラル・オタゴワインの素晴らしさを知らしめることとなります。

1990年代後半に入ると、新たなる挑戦の場を模索し始めたブラディ氏。大きく成長した「ギブストン・ヴァレー・ワイン」を離れ、1998年、ギブストンの地に「マウント・エドワード」を設立。本来の夢であった「土地の特性を描き出す高品質なワイン造り」を実現させていきます。

■バトンを引き継ぎ「マウント・エドワード」を世界的ブランドへと導いた、醸造家ダンカン・フォーサイス氏

2004年、現オーナーである醸造家のダンカン・フォーサイス氏がワイナリーに参加。自然派ワインを知り尽くした彼は、昔ながらの慣習にとらわれることなく様々な葡萄品種を栽培。醸造においては天然酵母の使用やSO2の添加を極限まで抑えるなど、人為的な干渉を控えたワイン造りが行われています。

自社畑ではセントラル・オタゴで最初に有機認証(Bio-Gro)を取得し、続けて醸造施設でも有機認証を取得。また、常に畑の声を聞きながら、畑の状態に合わせてビオディナミ農法も取り入れています。

■目指すのは透明感とエレガンスを併せ持った「神秘的」な味わい!

全栽培面積の80%を占めるピノ・ノワールは、マウント・エドワードを代表する葡萄品種。気品に溢れ、しなやかかつ繊細な質感の備わった、多層的な味わいを目標としています。
・ワインを「造る」のではなく「育てる」ことを意識
・発酵時の温度管理は行わず、天然酵母の働きで自然に発酵を進め、旨みと色素を抽出
SO2は瓶詰前に極少量(30ppm程度)、もしくは無添加。その他の添加物は一切使用しません
・新樽の使用は極控えめに(ピノ・ノワールで15%以下、白葡萄には旧樽のみを使用)

マウント・エドワードでは、毎年画一的な個性のワインに仕上げるような醸造は行いません。そのヴィンテージの特性をストレートに表現した高品質なワインを目標とし、常に葡萄と真摯に向き合います。

毎ヴィンテージごとに多くのことを学び、積み重ねた経験をもとに偉大なワインを生み出すべく最善を尽くします。

■ワイナリー内を彩る多くのアートとアーティスティックなラベル

ダンカン・フォーサイス氏はデヴィット・ボウイの大ファン!ワイナリー内に飾られる多くのアートの中でも、デヴィット・ボウイをモチーフにした絵画は印象的で存在感たっぷり。これらはマウント・エドワードのラベルにも使用され、記憶に刻まれるワインボトルとして多くのファンを魅了しています。


■テイスティングコメント

完熟したチェリーやラズベリー、ブルーベリーなどのアロマに、軽いミントのようなハーブと可憐な花のニュアンス。僅かに感じられる草や土の香りも魅力的です。

口に含むとジューシーでフルーティー。プラムや赤系果実のいきいきしたフレーバーがあり、ピュアな果実味と爽やかな酸により、ワインは明るさと活気に満ちています。軽めのタンニンと柔らかな口当たりで飲みやすさもありますが、十分な骨格も併せ持つ素晴らしい仕上がり!軽快なフルーツの風味と、深く複雑な余韻を楽しめる、魅惑的なワインです。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。もっと見る

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

営業日カレンダー

2024/3
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024/4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024/5
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
セール特価前価格: 税込
ボーナスポイント:

レビューはありません。