0
¥0

現在カート内に商品はございません。

南部地方

7件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ
チリの南部地方は、マウレ川の南岸からニッブレ州まで広がるワイン産地。マジェコ・ヴァレー、ビオ・ビオ・ヴァレー、イタタ・ヴァレーの3つの生産地域に分かれています。葡萄栽培面積は国内全体の10%と少なく、以前は国内消費向けワインの生産地として知られていました。近年は、チリらしい豊富な日照量や太平洋からの海風がもたらす昼夜の寒暖差など、葡萄栽培に好条件な環境が注目を集め、生産量も増加。土着品種パイス種の他に、カベルネ・ソーヴィニヨンやピノ・ノワール、シャルドネ、リースリングなど、ヨーロッパ系品種の栽培も行われています。綺麗な酸と果実味を特徴とするコストパフォーマンスの高いワインが人気を集めています。