0
¥0

現在カート内に商品はございません。

サン・テミリオン、ポムロール地区

39件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む

カテゴリ一覧

ページトップへ
ボルドー地方の東部ドルドーニュ川右岸のリプルヌを中心とするエリアで、世界遺産の街サン・テミリオンを中心に畑が広がり、北西には小規模ながら秀逸なワインを生み出すポムロール地区があります。アンジェリュスやペトリュスと言った名門シャトーが有名ですが、実際にはデイリーワインが多く造られており、更に北西に続くフロンサックやコート・ド・カスティヨンは、日本では知名度が低いもののハイコスパワインの産地として現地では人気を博しています。右岸の土壌は粘土質が多く保湿性が高い事から、メルローの栽培に適しています。カベルネ・ソーヴィニヨンやカベルネ・フランを補助品種とし、滑らかさのあるフルボディタイプの赤ワインを多く産出しています。