Comazono Vineyard Tao Bijou Noir駒園ヴィンヤード Tao ビジュ・ノワール

日本原産の新品種「ビジュ・ノワール(黒い宝石)」100%!凝縮したプラムをかじった様な果実味、渋みを楽しめるフルボディ赤。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - フルボディ
生産地 日本 / 山梨県 / 甲州市
造り手 駒園ヴィンヤード【Comazono Vineyard】
品種 ビジュ・ノワール100%
生産年 2019年
醸造 熟成:フレンチオーク樽で10ヶ月間
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: ipn0075

販売価格(税込):¥3,300

ポイント: 30 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

日本で新しく作られた黒葡萄品種「ビジュ・ノワール」100%を使用し、フレンチオーク樽で10ヶ月間熟成。豊富なタンニンが放つしっかりとしたボディ、奥深い味わいとコクが魅力の赤ワインです。

「ビジュ・ノワール」とは、山梨県果樹試験場が山梨27号(甲州三尺×メルロ)とマルベックを交雑して開発され、2006年、農林水産省で正式に品種登録された黒葡萄品種です。優れた酒質のワインを生む葡萄であることから、フランス語で「宝石(ビジュ)」「黒い(ノワール)」=黒い宝石、と名付けられました。

紫がかった明るい色調のルビーの外観。クランベリーやチェリーの赤果実のアロマに、スミレやドライハーブ、樽熟成から来るバニラのニュアンスが重なり、華やかにグラスから漂います。

糖度の高さを感じる凝縮したプラムの果実味に、しなやかな酸が相まって口当たりはとても滑らか。しっかりとしたタンニンが全体をまとめ、マルベック由来のスパイシーな余韻へと続きます。キレが良く、バランスの良さを感じる仕上がりです。

はっきりとしたストラクチャーとエレガントさを持ち合わせる味わいは、味噌や醤油を使った和食と合わせていただくのがおすすめ。またボリュームのある中華や脂の旨味を感じる和風ステーキに合わせていただのも、グラスが進みそうです。普段のお食事を盛りあげてくれる1本です。

【駒園ヴィンヤードについて】
1952年、山梨県甲州市に創業。70年近くの歴史を持つ家族経営のワイナリーです。長年「五味ワイナリー」として親しまれてきましたが、2019年、甲州ぶどうを栽培する自社園「駒園」から名付けられた社名に変更をしました。

全てのワインは自社畑を中心に、地元契約農家が育てた葡萄を使用。山梨県産葡萄100%で純日本ワインを造ることにこだわりをもっています。また創業当時の理念である「自然に寄り添うワイン造り」を現在も継承し、葡萄栽培はビオロジック(有機農法)を実践。栽培種は甲州をはじめ、欧州種、国内改良品種と多数に渡っています。

自社葡萄園の甲州は、ワイナリー設立前から栽培されており、最高樹齢は80年とされています。古樹から造る甲州の味わいは、硬質なミネラル感に富んだ、キレ味するどい辛口と高評価を得ており、他の品種で造られたワインも合わせ、多数のコンクール受賞歴を誇っています。今注目されている、実力派ワイナリーです。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。

最近チェックした商品

期間限定 お得なセール!

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。