0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Le Clarence de Haut-Brion ル・クラランス・ド・オー・ブリオン 2015

タイプ
赤ワイン  辛口  フルボディ 
生産地
フランス ボルドー ペサック・レオニャン
造り手
シャトー・オー・ブリオン【Chateau Haut Brion】
品種
メルロー57%、カベルネ・ソーヴィニヨン42%、カベルネ・フラン1%
生産年
2015年
度数
14.5%
容量
750ml
商品コード: mei0301
  • セール特価
希望小売価格(税込):¥29,040
販売価格(税込) ¥23,203
 詳細説明
 詳細説明
 詳細説明
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
メドック格付け1級シャトー・オー・ブリオンのセカンドワイン「ル・クラランス・ド・オー・ブリオン」。

ファーストラベルのオー・ブリオンと同じ畑の樹齢の若い葡萄が使われており、醸造方法から土壌管理まで全て同じ手法がとられています。

ワイナリーの歴史は、1533年にジャン・ド・ポンタック氏が畑を開墾した事に始まり、その後1550年にワイナリーが完成。

1855年のメドック格付け制定時には既にヨーロッパ全土で高い名声を得ており、メドックではないグラーヴ地区のシャトーでありながら、その存在を無視することは出来ず、ファーストラベルのオー・ブリオンが5大シャトーの1つに選ばれたのはあまりにも有名な話です。

またフランス国内で初めてステンレスタンクを導入したことや、ワイン名に畑名が付けられたボルドー初のワインである事など、数々のワイン革命を行った時代の先駆者でもあります。

畑は水捌けが抜群な砂利質土壌で、南東向き。場所はペサック・レオニャン村に位置し都会にも近い為、平均気温は少し高め。そのため、ブドウは早熟し収穫も早く行われ、秋の長雨やカビの影響から逃れることができます。

醸造施設も時代の進歩に合わせて最新の技術を活用しており、タンクの温度など事細かにコンピューターで管理できる近代システムを導入しています。

五大シャトーの中では、メルローの比率が最も高いエレガントなスタイルとして知られていますが、セカンドラベルはオー・ブリオンの意志を引き継ぎながらも、リーズナブルで早くから楽しめるスタイルとなっています。

【テイスティングコメント】
ブラックベリーやブラックチェリー、熟れたプラムや梅、オールスパイスの表情豊かなアロマ。ドライローズや葉巻、杉やスグリ、タール、甘草などの複雑なタッチが混じり合い、ココアを想わせる甘い香りも仄かに感じられます。

口に含むと、活発な酸味と一体化したジューシーで重厚感のある果実味が広がり、素晴らしいアロマと深みを伴った濃密な味わい楽しむとが出来ます。

タンニンはしっかりと感じられますが、全体的に丸みを帯びており、パワフルさと可憐さを兼ね備えています。この上なく洗練された質感が素晴らしく、まさにオー・ブリオンのセカンドに相応しい1本です。

※ワイン・スペクテーター 94点
※ワイン・アドヴォケイト 93点
※ジェームス・サックリング 94点
※ワイン・エンスージアスト 93点



※こちらの商品につきまして、初めて葡萄屋をご利用のお客様は「銀行振込み」又は「代金引き換え」でのお支払いでお願いいたします。

※こちらはご注文頂きました後、輸入元からお取り寄せするお品です。在庫状況によってご用意できない場合がございますがご了承ください。

カテゴリ一覧

ページトップへ
販売価格(税込):