新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント

Barolo Monvigliero テッレ・デル・バローロ バローロ モンヴィリエーロ / 赤ワイン フルボディ イタリア 750ml

ヴェルドゥーノ村の「真のグラン クリュ」と称される特別な畑「モンヴィリエーロ」からバローロ

タイプ 赤ワイン - フルボディ
生産地 イタリア / ピエモンテ
造り手 テッレ・デル・バローロ【Terre Del Barolo】
品種 ネッビオーロ
生産年 2011年
度数 14.5%
容量 750ml
  • ※店舗と在庫を共有しているためご用意ができない場合がございます。生産年の変更、欠品がある場合には別途ご連絡いたします。
  • ※お届けする商品と掲載画像の生産年やデザインは異なることがございます。

発送までにかかる日数:1~4営業日

商品コード: ita1134

希望小売価格(税込):¥6,380

販売価格(税込):¥5,742

ポイント: 52 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品詳細

モンヴィリエ―ロはバローロ地区最北端に位置するヴェルドゥーノ村の著名なクリュです。モンヴィリエーロの葡萄は、ネゴシアンやブローカーに高く買い取られてきた歴史があり、村でも別格の扱いを受けています。

「スミレやバラのニュアンスの他にも、白胡椒の特徴がよく出ているのはこのエリアの特徴と言えます。タンニンがとてもデリケート、骨格がしっかりとしすぎず、飲みやすい味わいです。比較的若いうちからでも楽しめるタイプです」と醸造責任者のダニエーレ・ポンツォは話していました。

土壌はサンタガタ・フォッシーリ泥灰土で、近くにタナロ川が流れている影響もあり、ミネラルが豊かです。3軒の農家の葡萄を使っています。
10月に収穫します。除梗し、柔らかく圧搾します。エレガントでデリケートなスタイルを目指し、20~28度と発酵温度を低くし、期間も短めにしています。

フレンチオークのトノー(500~700L、20%新樽)での熟成は、通常のバローロよりも長く32ヶ月です。2013ヴィンテージからは「アルナルドリヴェラ」のアイテムのひとつとして販売され、価格も大幅に上がっています。

■2020年版「ヴァインヴィルトシャフト」誌でイタリア最優秀生産者組合25のトップに選出!


「テッレ・デル・バローロ」は1958年12月8日、アルナルド・リヴェラによって、設立された生産者組合。
アルナルド・リヴェラはバローロを産出する村のひとつ、カスティリオーネ・ファレット村に生まれ、この地で小学校教師として勤務し、後に36年もの間村長を務めた人物です。彼はカスティリオーネ・ファレット村を含め、バローロ・エリアの葡萄農家たちの尊厳と生活を守るために立ち上がり、組合を造ることを思いついたのです!


■葡萄農家の救世主?アルナルド・リヴェラ”


バローロ・エリアでは当時、葡萄の売買はアルバ市内のサヴォーナ広場(現在のミケーレ・ファレロ広場)を中心に行われており、農家たちは荷車に葡萄を積んでこの広場まで足を運んでいました。葡萄は生鮮食品であり、長く保管することは出来ません。そのため、農家たちはブローカーがどれだけ安く買いたたいても、生活のために葡萄を売らなければなりませんでした

葡萄を安く買いたたかれる現状を変え、農家たちが自らの手でワインを造り、適切な価格で販売する――彼の意見に賛同した22軒の葡萄農家とともに、生産者組合テッレ・デル・バローロが誕生しました。

組合員にはテッレ・デル・バローロの株券を買うことが義務付けられています。誰かひとりだけが特別なのではなく、農家ひとりひとりが対等な立場であることを示すこのルールは、現在でも大切な決まり事として続いています。

農家1軒1軒が誇りを持って、皆の力を合わせてワインを造っているというのが大きな特徴です。
テッレ・デル・バローロのホームページでは、ワイン造りを支える農家の方々を、加入年とともに個別に紹介しています。



■日本市場に特別なワインを!醸造責任者ダニエーレの想い


ワインの品質の鍵となる重要な人物が、醸造家のダニエーレ・ポンツォです。ダニエーレはアルバの醸造学校を卒業した後、カヴィオラやガヤで経験を積み、2003年よりテッレ・デル・バローロで働き始めました。

2007年からは、醸造責任者としてワイナリーを牽引しています。
ダニエーレが参加してからのワインは明らかに品質が向上しており、ワイナリーとしての評価も高くなっています。

ドイツのマイニンガー出版社が発行する有力なワイン専門誌『ヴァインヴィルトシャフト』の2020年版では、イタリアの生産者組合の第1位にテッレ・デル・バローロを選出しており、世界中から注目を集めています。





■創始者アルナルドの名を冠した新プロジェクト


設立当初22軒だった組合員も、現在では300軒を超えるほどに成長し、所有する葡萄畑は、バローロを産出できる11の村全てにあり、合計で600haにも及びます。

1978年より、参加する組合員に栽培面での技術サポートとして、有機化合物や天然肥料を使用する等、今日のワイン市場を想定した指導を行なって来ました。栽培農家は、ほとんどの作業を手で行っています。枝をワイヤーに結ったり、枝の選定作業を行なったり……偉大なワインは、栽培農家が手塩にかけて育てた葡萄から生まれます。こうした葡萄をブレンドし、ひとつのワインに仕上げるのは協同組合ならではです。

こうした組合としてのノウハウをさらに活かすため、2013年より始めた新たな試みが、創始者の名を冠した「アルナルド・リヴェラ プロジェクト」です。

このプロジェクトは、品質を追求したワイン造りを行なうことを目的としています。
契約している栽培農家のうち、特に優れた畑を持っている数軒と新たな契約を交わし、農家への報酬を、葡萄の量に対してではなく、畑の面積に対して支払うという内容で、栽培農家は思い切った収量制限を行うことが出来、葡萄の品質がさらに高まりました。

関連カテゴリ

価格で選ぶ
5,000円〜9,999円
タイプで選ぶ
赤ワインフルボディ赤ワイン

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。もっと見る

最近チェックした商品

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

営業日カレンダー

2024/7
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024/8
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2024/9
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
セール特価前価格: 税込
ボーナスポイント:

レビューはありません。