新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント

Sant'Or Agiorgitiko サントール アギオルギティコ / 赤ワイン 辛口 ミディアムボディ ギリシャ 750ml

土着品種の『アギオルギティコ』ならではのレッドチェリーを噛みしめたような新鮮な果実味が印象的なオーガニック赤ワイン。

タイプ 赤ワイン / 辛口 - ミディアムボディ
生産地 ギリシャ / ペロポネソス半島
造り手 サントール・ワイナリー【Sant'Or Winery】
品種 アギオルギティコ100%
生産年 2020年
醸造 発酵:ステンレスタンクで18日間 / 熟成:フレンチオーク樽で6ヶ月間(旧樽のみ。無清澄、無濾過)
度数 13.5%
容量 750ml
栽培方法 ビオロジックDIO
JAN 4997678180034
  • ※店舗と在庫を共有しているためご用意ができない場合がございます。生産年の変更、欠品がある場合には別途ご連絡いたします。
  • ※お届けする商品と掲載画像の生産年やデザインは異なることがございます。

発送までにかかる日数:1~4営業日

商品コード: gre0075

希望小売価格(税込):¥2,915

販売価格(税込):¥2,624

ポイント: 24 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

商品詳細

ギリシャ南部、ペロポネソス半島を代用する土着黒葡萄『アギオルギティコ』を100%使用した、果実味たっぷりジューシー赤!丁寧な農作業による健全な葡萄、ナチュラルな手法が品種の個性を最大限に引き出しています。
醸造は天然酵母を使用して自然発酵。SO2の添加は瓶詰の前、極わずかの添加となっています。また栽培から醸造を通して動物系のものは一切不使用のため、ベジタリアンやヴィーガンの方にもお楽しみいただけます。

ラズベリーやブラックベリー、熟したプラムの果実香、黒胡椒、シナモンやカルダモンの甘いスパイス香が感じられます。

レッドチェリーを噛みしめたような新鮮な赤果実味が印象的。細やかなタンニンと爽やか酸がバランスよく調和し、リッチな口当たりを演出しています。リコリスの風味が心地よく鼻腔を駆け抜け、キレの良い余韻へと導きます。

ローストポークやトマトソース、スパイシーなインド料理や中東料理に合わせていただくのもおすすめです。

このワインは自社畑と契約農家による葡萄を使用しております。そのため、他のサントールのワインで取得しているdemeter認証は表示しておりません。カテゴリーはオーガニックですが、SO2使用量が少ないため、クール便での配送をおすすめいたします。

【サントール・ワイナリーについて】
ギリシャの大陸部分南端に広がるペロポニス半島に2007年設立。標高400m~600mの地で3世代に亘り葡萄栽培を行ってきた、ビオディナミを実践する自然派ワイナリーです。オーナーであり、ワインメーカーのディミトロプロスは生物力学を学び、現在のワイン造りにその知識を生かしています。

1960年代、危機に瀕した土着白葡萄「サンタメリア」を僅か10本の古木から4,000本まで復活させ、現在では15エーカーまで畑を広げました。ギリシャで唯一この貴重な白葡萄からワインを造っている生産者です。

ギリシャ初のビオディナミ認証のdemeterを取得し、畑そのものが持つエナジーを大切にしています。醸造においても、土着の酵母で発酵、SO2も瓶詰前に少量を添加するのみです。

この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています。もっと見る

最近チェックした商品

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を購入した人は、一緒にこんな商品も購入しています。

営業日カレンダー

2024/7
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024/8
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2024/9
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
セール特価前価格: 税込
ボーナスポイント:

おすすめ度:4

なかなか濃厚です

投稿者:Mack2023/05/29

ギリシアを旅行するので、予習を含めて購入しました。アギオルギティコ種というものは初めてですが、中央に黒っぽさすら見せるアピアランス、土っぽさと果実味豊なアロマ、尾引きのタンニン分の強さ含めて、しっかりした存在感を見せてくれました。ちょっぴり南イタリアにある黒ワインも思い出しました。悪くないです。