Carmes de Rieussecカルム・ド・リューセック

ソーテルヌ1級リューセックのセカンドラベル。洗練された甘味がゆったりと広がる、気品に満ちた貴腐ワイン。

タイプ 白ワイン / 極甘口
生産地 フランス / ボルドー / ソーテルヌ
造り手 シャトー・リューセック【Chateau Rieussec】
品種 セミヨン94%、ミュスカデル3%、ソーヴィニョン・ブラン3%
生産年 2017年 他ヴィンテージあり
醸造 熟成:オーク樽で18ヶ月間
容量 750ml
  • ※在庫状況により、生産年が変更になる場合はご連絡致します。

商品コード: mei0324

希望小売価格(税込):¥4,840

販売価格(税込):¥4,114

ポイント: 37 Pt

ラッピング希望(有料)詳細説明

熨斗(のし)希望(無料)詳細説明

 

熨斗(のし)お名前詳細説明

数量

カートに追加しました。
カートへ進む

商品詳細

シャトー・リューセックはソーテルヌのグラン・クリュ・クラッセ第1級に格付けられており、カルム・ド・リューセックはそのセカンドワインとして造られています。

シャトーの歴史は18世紀まで遡り、当時はカルメル会の修道院が所有していました。その後フランス革命などの情勢に左右され、歴史を辿るのが困難な程の所有権交代が繰り返されてきました。

現在の確固たる地位を築いたのは1985年。メドック格付け第1級のシャトー・ラフィット・ロートシルトを指揮するロスチャイルド家が所有権を獲得し、大改革が行われた事によります。

原料に使われる「貴腐葡萄」は栽培が難しく、川から発生する霧により出来栄えが決まりますが、より研ぎ澄まされた職人を迎え入れ、上質な貴腐葡萄の選果が徹底して行われるようになりました。

90年代に入り醸造設備の改装も行われ、ワインの精度にはますます磨きがかかります。

畑は貴腐ワインの頂点に君臨するグラン・クリュ1級のシャトー・ディケムと隣接した場所に位置し、ソーテルヌ地区の甘口ワイン生産量としては、最大規模を誇るワイナリーです。

【テイスティングコメント】
淡いイエローの色合い。レモンの爽やかな香りを軸に、蜜蝋やママレード、砂糖に漬けたオレンジの皮や熟れたネクタリン、アカシアやオレンジの花など、甘酸っぱく爽やかなアロマでいっぱいになります。

味わいは、花の蜜の風味を奏でたシンプルな新鮮さ。カットしたての柑橘果実のような、高い鮮度を感じる酸味がバランスよく広がり、とろけるような粘性が僅かに口に残ります。

余韻にはスモモを砂糖に漬けたような濃密なタッチに加え、微かに表れるミントのニュアンスが全体を引き締めています。

ファーストラベルよりも樹齢の若い葡萄を使用。酸と果実のピントがブレることなく整い、大胆な甘さが相乗した、リューセックの気品溢れる極甘口セカンドワインです。

※ジェームス・サックリング 93点 (2017ヴィンテージ)


※こちらはご注文頂きました後、輸入元からお取り寄せするお品です。在庫状況によってご用意できない場合がございますがご了承ください。

最近チェックした商品

PICK UP

お知らせ

販売価格(税込):
ボーナスポイント:

レビューはありません。