ランク別おすすめオレンジワインとは?

オレンジワインとは?初級~上級者ランク別おすすめオレンジワイン

オレンジワインとは初級~上級者ランク別おすすめオレンジワイン

今、注目のオレンジワインって何?

こんにちは。葡萄屋の草壁です。ここ数年で認知度がぐっと上がったオレンジワイン
私は大好きなのですが、皆様はいかがでしょうか?

お客様とお話をしていると色々な感想を頂きます。

お客様A:「へ~ オレンジワイン。オレンジからもワインってできるのね。」
私:「ん?」

お客様B:「オレンジワインって変わった味よね。フツーじゃないっていうか・・・」
私:「・・・ お口に合いませんでしたか?苦笑」

お気づきかとは思いますが、オレンジワインはオレンジ(みかん)から造っているのではありません。

原料は葡萄です。しかも、いわゆる白ワインと同じ品種なのです。では、どうして色合いや味わいがこうも違うのでしょう?

オレンジワインの歴史やその醸造方法から、オレンジワインの人気の秘密やどんな銘柄を選べばよいか紐解いていきましょう。

"オレンジワインが入ったいくつかのグラス”/

オレンジワイン一覧ページはこちら

1.オレンジワインの歴史

オレンジワインには大きく分けて2つの潮流があると言われています。
一つはジョージア、もう一つは北イタリア~スロヴェニアです。

この2つの地域を中心に、その歴史を見ていきましょう。

①ジョージアの歴史

ジョージアのワイン造りの歴史は約8,000年にも及び、クヴェヴリ醸造はユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

ジョージアの「シュラヴェリ丘陵」で発見された集落跡ではブドウを栽培するための農具やワイン用の土器の破片も見つかっています。

ジョージアでの統醸造法に『クヴェヴリ』があります。

『クヴェヴリ』と呼ばれる大きな甕を地中に埋め、その中に収穫した葡萄を詰めます。
葡萄の果皮には発酵に必要な酵母が付着しており、自然と発酵を始めます。
クヴェヴリの中で発酵・熟成と進み、ワインになるのです。



クヴェヴリの先端は少しとがっています。
発酵で発生する二酸化炭素とクヴェヴリ独特の形は、葡萄が自然と混ざり、発酵が促されるようになっているのです。

発酵が終わると、葡萄の果皮や種子などは下部へ自然と沈殿します。
この過程は、清澄の役目を果たし、上澄みは美しいワインになるのです。

また、クヴェヴリを地中に埋めることでワインの発酵熟成に適した温度に保たれるようになっています。
このクヴェヴリを埋めたワイナリーの役目をはたしている建物を『マラニ』と呼んでいます。



②北イタリアの歴史

もう一つのオレンジワインの主要産地と言えば北イタリアです。
現在のフリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州~スロヴェニアにかけての「オスラヴィア」という地域です。

この地域では、現在のいわゆる透明な白ワインとは全く異なるアンバー(琥珀色)のワインが造られていました。このワインは非常に古くから醸造されていましたが、透明感のあるフレッシュな白ワインが人気を博すようになると、徐々にこの琥珀色のワインは人々から忘れられていきます。

また、2度にわたる世界大戦により、オスラヴィアはスロヴェニアとイタリアへと分断されてしまいます。歴史的にも、物理的にも琥珀色の白ワインは人々から忘れられてゆくのです。

オスラヴィアでワイン農家に生まれたスロヴァニア系の『ヨスコ・グラヴネル』も現代風の白ワインで人気を博します。しかし、ブドウ栽培における農薬や肥料の投与を続けるうち、葡萄の力がなくなっていることに気が付きます。

ある時、グラヴネルやスタンコ・ラディコン、エディ・カンテなどのフリウリの若い生産者たちがワインの勉強会で話題にしたのが「ジョージアのアンバーワイン」
自然に育てられた葡萄が持つ力と、琥珀色の色合い、そのワインが持つ複雑な味わいに彼らは驚愕します。

と同時に、彼らはそれに似たワインが自分たちの近くもあることに気が付きます。
彼らの親や祖父母世代に醸造していたワインとそっくりなのでした。

フリウリの土着品種「リボッラ・ジャッラ」は果皮が厚く、プレスすると果汁が飛び散ってしまうのが難点。そこで、農家の人々が思いついたのが、「醸し」を用いる醸造方法だったと言います。

グラヴネルは先人の知恵をいかし、自然に任せた栽培、醸造を始めます。
これがイタリアのオレンジワインの再発見と現代の自然派ワインへの道を作り出すことになるのです。

この後、世界中に自然派ワインへの傾倒、オレンジワインが世界中で造られるようになるのですが、当時の彼がこの状況を見たら、きっと驚くことでしょう。

なぜなら、当時の彼のワインは「ひどい味」と揶揄されたのですから…
オレンジワインの歴史は、自然を守る歴史と言っても過言ではないでしょう。

"ポンカとリボッラ・ジャッラ”/

2.オレンジワインの醸造方法

次にオレンジワインの醸造法を見てみましょう。 オレンジワインの醸造は白ワインの醸造とでは、どのような違いがあるのでしょうか?

白ワインとオレンジワイの醸造において、もっとも大きな違いは果実(生産者によっては梗も)をそのまま使用することです。
葡萄の果皮、種子、梗に含まれるタンニン、色素成分などが多く抽出されます。これは赤ワインと同じ製法です。

これに対し、白ワインは果汁のみを使用して醸造します。果汁のみを使用し、できるだけ酸化を防ぎながら醸造を進めるため、果実のフレッシュな味わいや香りを表現することが可能です。

つまり、オレンジワインは白ワイン用の葡萄を赤ワインの醸造方法で造ったものと言えます。
オレンジワインの醸造について

3.ランク別おすすめオレンジワイン

オレンジワインの醸造方法がお分かりいただいたところで、実際にワインを選んでいきましょう!
好みのオレンジワインに辿り着くには、何を基準にして選んでいけば良いのでしょうか?

オレンジワインも他のワインと同様に、品種、生産地、生産者によって味わいが異なります。
お選びいただく上でヒントになるのは、マセラシオン(※1)の期間や品種です。

※1マセラシオン=醗酵中のワインに果皮や種子を漬け込むことを指します。これを醸し(かもし)といいます。
発酵が進むにつれ,果皮と種子の成分であるポリフェノール(アントシアニン色素,タンニン,芳香化合物など)がブドウ果汁に浸み込んでいきます。これがオレンジワインの旨味成分です。

マセラシオンの長さによって抽出されるタンニン量や色合いが異なってきます。
マセラシオンが長ければそれだけ、渋みも強く、通好みの味わいになってきます。

ジョージア産など除梗をしないマセラシオンをする場合、複雑感がありますが慣れない方にはやや飲みにくく感じることも・・・。
果実のみをマセラシオンをすると、比較的飲みやすいタイプになります。

品種の点から見ると、グリ系(※2)の葡萄は赤みが強く、色も濃い目

リボッラ・ジャッラムツヴァネは果皮が厚く、タンニン成分も豊か長くマセラシオンすることで複雑感を持ったワインになります。長期熟成型でもあります。

マスカットなどは短いマセラシオンでも、濃厚な甘いアロマが抽出可能で、初心者向きです。

※2グリ系=ピノ・グリージョ、甲州など、果皮がピンク色の品種を指す、グリ=灰色の意味。

また、大切なのが温度!

醸造の際にも出てきましたが、葡萄を醸して醸造するのは赤ワインと同じなのです。

赤ワインの基本的な適温は…?

『室温』ですね!

ということは、オレンジワインはいかがでしょうか?

オレンジワインも基本的には『室温』で飲むのがお勧めです!
冷たくなると苦みが立ちすぎて、飲みに草を感じてしまうのです。

ただ、マセラシオンが短めでタンニン成分が少ない物(色が薄い)、ピノ・グリなどのグリ種を使ったものは、冷やしても美味しいです。

軽く冷蔵庫で冷やし、グラスに注いで温度を上げ、好みの温度を見つけていくのが良いと思います。

初心者向けオレンジワインを選ぶ際のポイント


①まずはトライ!初心者向けオレンジワイン

オレンジワインの特徴は独特の渋み(タンニン)!
オレンジワイン初心者の方には、果実味があって、タンニンが少ない物がお勧め!

②ちょっと慣れてきたら・・中級者にはこれ

オレンジワインが違和感なく楽しめるようになったら、タンニンが比較的しっかりあるものにトライ!
このランクになると旨味もしっかり出てきます。
大きめのグラスとたっぷりの時間を用意して、変化も楽しんじゃいましょう♪
  • Lunaria Malvasia Bianca Orange Ancestral Biodynamic Still Natureルナリア マルヴァジア・ビアンカ・オレンジ・アンセストラル・ビオディナミック・ナチュレ・ワイン(SO2無添加)

    添加物ゼロ&アンセストラル製法で造るマルヴァジア100%の自然派オレンジ!高貴な香りに包まれる至福の味わい!

    生産地
    イタリア / アブルッツォ州
    造り手
    カンティーナ・オルソーニャ【Cantina Orsogna】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    マルヴァジア100%
    生産年
    2022年

    商品コード: ita0810

    希望小売価格(税込):¥2,695

    セール特価(税込):¥2,159

    数量

    生産地
    イタリア / アブルッツォ州
    造り手
    カンティーナ・オルソーニャ【Cantina Orsogna】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    マルヴァジア100%
    生産年
    2022年
  • Vignobles Barreau Orange Buddy Orange Naturalヴィニョーブル・バロー オレンジ バディ オレンジナチュール(SO2無添加)

    80年古樹セミヨン100%のヴァンナチュール オレンジのアロマ豊かでフレッシュなオレンジワイン。亜硫酸も糖分も不検出!

    生産地
    フランス / ボルドー / アントル・ドゥ・メール
    造り手
    ヴィニョーブル・バロー【Vignobles Barreau】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    セミヨン100%
    生産年
    2021年

    商品コード: bor0486

    希望小売価格(税込):¥3,080

    販売価格(税込):¥2,772

    数量

    生産地
    フランス / ボルドー / アントル・ドゥ・メール
    造り手
    ヴィニョーブル・バロー【Vignobles Barreau】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    セミヨン100%
    生産年
    2021年
  • Carlo Tanganelli Bianco Anatrinoカルロ・タンガネッリ アナトリーノ

    可愛いエチケット、丸みのある酸と優しい果実味が魅力のビオワイン。徐々に変化する味わいと香りを楽しんで!

    生産地
    イタリア / トスカーナ州
    造り手
    カルロタンガネッリ【Carlo Tanganelli】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    トレッビアーノ100%
    生産年
    2022年

    商品コード: ita0233

    希望小売価格(税込):¥4,180

    販売価格(税込):¥3,762

    数量

    生産地
    イタリア / トスカーナ州
    造り手
    カルロタンガネッリ【Carlo Tanganelli】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    トレッビアーノ100%
    生産年
    2022年
  • Guerila Retro【ビオディナミ/人気ワイン】ゲリラ レトロ

    ジューシーな旨味と喉奥に浸透する爽やかな酸。スロベニアの地品種主体で造られる自然派オレンジワイン!

    生産地
    スロベニア
    造り手
    ゲリラ【Guerila】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    レブラ、ゼレン、ピネラ、マルヴァジア
    生産年
    2019年

    商品コード: slv0017

    希望小売価格(税込):¥4,290

    販売価格(税込):¥3,861

    在庫:残り1個

    数量

    生産地
    スロベニア
    造り手
    ゲリラ【Guerila】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    レブラ、ゼレン、ピネラ、マルヴァジア
    生産年
    2019年

③オレンジワイン原点回帰!代表国で楽しむ上級者編

ワイン発祥の地とされる「ジョージア」や「北イタリア」には旨いオレンジワインがたくさん!

イタリアと国境を接するスロヴェニアやクロアチアにも面白い子たちがいます。
しっかりと時間をかけて楽しみ尽くしてください♪
  • Tchotiashvili Kisiチョティアシュヴィリ キシ

    古代から伝わるクヴェリで発酵、熟成。滑らかな口当たりと上品な渋み、甘栗のアロマが鼻腔をくすぐる和テイスト・オレンジワイン。

    生産地
    ジョージア(グルジア) / カヘチ地方(東部)
    造り手
    チョティアシュヴィリ【Tchotiashvili】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    キシ100%
    生産年
    2017年

    商品コード: geo0056

    希望小売価格(税込):¥4,290

    販売価格(税込):¥3,754

    数量

    生産地
    ジョージア(グルジア) / カヘチ地方(東部)
    造り手
    チョティアシュヴィリ【Tchotiashvili】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    キシ100%
    生産年
    2017年
  • Qvevri Wine Mtsvane Qvevriクヴェヴリ・ワイン ムツヴァネ・クヴェヴリ

    幾重にも重なった圧巻のミネラル分が口一杯に広がる!複雑さと深みを兼ね備えたエレガントなオレンジワイン。

    生産地
    ジョージア(グルジア) / カヘチ地方(東部)
    造り手
    クヴェヴリ・ワイン・セラー【Qvevri Wine Cellar】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    ムツヴァネ100%
    生産年
    2021年

    商品コード: geo0040

    希望小売価格(税込):¥7,095

    販売価格(税込):¥6,208

    数量

    生産地
    ジョージア(グルジア) / カヘチ地方(東部)
    造り手
    クヴェヴリ・ワイン・セラー【Qvevri Wine Cellar】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    ムツヴァネ100%
    生産年
    2021年
  • Primosic Ribolla Gialla Riservaプリモシッチ リボッラ・ジャッラ リゼルヴァ

    じんわりと広がる目の詰まった旨味。フリウリを代表するリボッラ・ジャッラ種の魅惑的な香りを見事に表現。

    生産地
    イタリア / フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州
    造り手
    プリモシッチ【Primosic】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    リボッラ・ジャッラ100%
    生産年
    2019年

    商品コード: ita0480

    希望小売価格(税込):¥8,250

    販売価格(税込):¥7,425

    数量

    生産地
    イタリア / フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州
    造り手
    プリモシッチ【Primosic】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    リボッラ・ジャッラ100%
    生産年
    2019年
  • Veralda Ambraヴェラルダ アンブラ

    紅茶を想わせる深みのある香りに、ブレッドオレンジのニュアンスが印象的。クロアチア産オレンジワイン!

    生産地
    クロアチア / イストリア半島
    造り手
    ヴェラルダ【Veralda】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    イスタルスカ・マルヴァジア100%
    生産年
    2017年

    商品コード: cro0014

    希望小売価格(税込):¥5,500

    販売価格(税込):¥4,950

    申し訳ございませんが、
    只今品切れ中です。

    生産地
    クロアチア / イストリア半島
    造り手
    ヴェラルダ【Veralda】
    タイプ
    オレンジワイン / 辛口
    品種
    イスタルスカ・マルヴァジア100%
    生産年
    2017年

あとがき

オレンジワインの渋みは和食にも良くマッチします。
じわじわ広がる旨味は出汁のニュアンスにもよく似ています。

ぜひ、あなた好みのオレンジワインを見つけてくださいね♪

オレンジワインカテゴリーへ

Pickup Winery ~おすすめ生産者~

5.関連記事

PICK UP

お知らせ

カートに追加しました。
カートへ進む

営業日カレンダー

2024/7
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024/8
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2024/9
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30